現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 高校教育 >
  5. 県立高等学校活性化 >
  6.  平成24年度第4回紀南地域高等学校活性化推進協議会を開催しました。
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成24年10月30日

平成24年度第4回紀南地域高等学校活性化推進協議会を開催しました。

 前回第3回協議会で提示した「紀南地域高等学校の活性化イメージにかかる補足資料」に
ついて、さらに協議を深めました。その結果、当面は2校(木本高校、紀南高校)を存続し
つつ、将来的には統合がやむを得ないことが共有されました。
 また、2校の学校規模について、木本高校は地域の進学ニーズ等に応えるために1学年5
学級規模以上、紀南高校はコミュニティ・スクールの取組を生かし1学年2学級規模以上で
活性化を図っていく必要性が、概ね理解されました。

 ・日時 平成24年10月29日(月)18:30~21:00
 ・場所 県熊野庁舎
 ・内容 今後の紀南地域の高等学校の活性化について など

<共有された内容>
 1紀南高校は1学年2~3学級、木本高校は1学年5~6学級の規模の単独校として、そ
  れぞれが存続することが望ましい。
 2将来的に、地域状況を考慮し、紀南高校が1学年2学級、もしくは、木本高校が1学年
  5学級の維持ができないとき、両校の統合は避けられない。
 3紀南地域の教育の活性化を推進するために、地域の小学校、中学校、高校の保護者およ
  び教職員、地域の教育行政関係者、そして、地元企業の代表者を含む地域協議会を引き
  続き設置し、絶えず地域の子どもの教育を地域全体で考えていくべきである。

 なお、上記2の「両校の統合は避けられない」については、会長から、実質的には「その
 ときは統合する」という意味であることを確認しました。

 また、将来的な両校の統合は理解できるものの、新高校は新しい場所に設置してほしいと
 いう意見が出されました。このことについては、会長から「この協議会は高校の活性化を
 議論する場であり、新しい場所での高校の建設の是非を議論する場ではないことから、違
 う場を活用して要望してほしい」との調整がなされました。

<次回以降の対応方針>
 ・県教育委員会は、今回の協議内容を参考に、紀南地域の高等学校の活性化の方向性につ
  いて、策定中の「県立高等学校活性化計画(仮称)」(案)に盛り込みます。
 ・次回協議会を来年1月頃に開催し、平成24年度の当協議会の「協議会のまとめ」を取
  りまとめます。

 ------------------------------------------------------------------------------
  なお、会議は公開で開催しました。(傍聴者数:7名)
  次回の協議会は、来年1月頃に開催予定です。


附属機関等会議概要

関連資料

  • 事項書、資料一式(PDF(1MB))
  • 議事録(PDF(1MB))

関連リンク

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2951 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyosei@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000103856