現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 高校教育 >
  5. 県立高等学校活性化 >
  6.  平成25年度第1回伊勢志摩地域高等学校活性化推進協議会を開催しました。
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成25年09月05日

平成25年度第1回伊勢志摩地域高等学校活性化推進協議会を開催しました。

 平成24年度までの協議の経緯について事務局から説明を行ったうえで、平成25年度の協議の進め方について確認するとともに、伊勢志摩地域の高等学校を取り巻く状況の共有を行いました。
 また、当地域の各県立高校の活性化について、意見交換を行いました。

1 日時 平成25年 8月29日(木) 19時00分から21時05分まで
2 場所 県伊勢庁舎 401会議室 (伊勢市勢田町628-2)
3 内容 (1)伊勢志摩地域の高等学校を取り巻く状況について
     (2)伊勢志摩地域の高等学校の今後のあり方について   等

主な意見として、
○ 協議時間が限られていることから、何について協議するのか論点を絞るとともに、協議時間を延ばすことや議題ごとに時間を配分すること等について検討してほしい。
○ 今年度新しく委員になられた方が多く、今までの経緯や状況について共通認識を持つために時間がかかってしまう。できれば、2~3年間は委員を固定して協議をするということを検討してはどうか。
○ 次回の協議会で協議を深めるために、平成30年頃を見据えた平成28年度以降のこの地域の県立高校のあり方のたたき台となる案を、資料として提示してほしい。
○ 高校に進学する時点で、卒業後の進路についてはっきり考えている中学生は少ないのではないか。高校でいろいろなことを学んで、卒業後の進路についてはっきりした考えを持つようになる子どもも多く、学校行事や部活動などさまざまな活動も高校の活性化にとっては重要な要素となるのではないか。
○ 鳥羽高校では特色ある教育活動が行われているが、今後、維持していけるか危惧している。抜本的な改革も必要になるのではないかと考えており、ワーキング会議と連携のとれた協議を行う必要がある。
等が出されました。

 第1回協議会で確認された平成25年度の協議の進め方に沿い、第2回協議会では、各県立高校の活力の維持・充実及び適正規模・適正配置の観点から、次の項目に係る協議を行います。
○ 地域全体の県立高校のあり方、配置
○ 地域の特性に応じた特色化・魅力化
○ 高校卒業後の進路保障
○ 公立高校と私立高校の役割やあり方
○ 「専門学科検討ワーキング会議」「鳥羽・志摩・度会地域検討ワーキング会議」における協議の進め方


附属機関等会議概要

関連資料

  • 配付資料(PDF(677KB))
  • 平成24年度協議のまとめ(PDF(734KB))
  • 議事録(PDF(657KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2951 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyosei@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000103912