現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 高校教育 >
  5. 県立高等学校活性化 >
  6.  平成30年度第2回伊賀地域高等学校活性化推進協議会を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成31年03月22日

平成30年度第2回伊賀地域高等学校活性化推進協議会を開催しました

1 日時  平成31年3月6日(水)19時00分から21時05分

2 場所  三重県伊賀庁舎7階 大会議室

3 概要
 伊賀地域の中学校卒業予定者を対象とした進路希望調査では、他地域の高校に進学を希望する生徒が普通科を中心に多くみられることから、上野高校・名張青峰高校からの取組の報告の後、伊賀地域の県立高校が、地域の中学生により多く希望されるようになるためには、どのような取組やPRが求められるかについて協議を行いました。
 主な意見は次のとおりです。

≪上野高校・名張青峰高校の取組について≫
○ 上野高校の「上高みらい学」(総合的な学習の時間)は、地域の課題を題材としてテーマを決め、主体的に探究活動に取り組むことから、地元への愛着が育まれる内容になっている。活動を計画する際は是非地域の企業を利用してほしい。
○ 名張青峰高校のICT機器を活用したアメリカの高校生との交流等は、グローバル化に対応したすばらしい取組となっている。国際交流活動を活発にするために海外留学の資金援助等が必要である。
○ 高校での教育活動は、教科の学習活動や探究活動、進路指導のほか、部活動なども含め多岐にわたっている。新たな取組を導入する際には、属人的にならないような仕組みづくりを大切にするとともに、人的支援をお願いしたい。

≪地域の子どもたちに育みたい力≫
○ 社会は、自分で考え自分で行動する力や、他者に思いを伝え周囲を巻き込み自分の考えを実現する力を求めている。子どもたちには、もっと積極的に地域に出ることで、失敗を恐れずチャレンジする経験をしてほしい。
○ 「自分のやりたいことができる」ことをおもいしろいと感じ、取り組んでいける子どもを育てたい。
○ 子どもたちにリスクをきちんと理解させたうえで、自分たちの責任で行動させることも必要である。そのことが他者とコミュニケーションを図り、自ら判断して意思表示できる人材を育てることにつながると思う。

≪学校と地域との連携について≫
○ 学校と地域が連携した学習活動を促進するためには、学校と地域をつなぐコーディネーターが必要である。町づくりに関わる地域の人材がその役割を担うことができたらと思う。
○ 学校と地域との連携における課題は、活動が進み関係性が高まる中で解消される可能性がある。地域から支援を得る仕組みづくりが重要である。
○ コミュニティ・スクールの仕組みを導入することにより、コーディネーターや部活動の指導員などの人的な支援を地域から得やすくなる。また、学校に魅力があり地域が学校をサポートしていることが地域のメリットになることが伝われば、協力者も増え支援も広がる。

≪中学校の取組について≫
○ 本校(中学校)は、県内の大学の留学生との交流活動を実施するなど英語教育に力を入れている。このような取組が名張青峰高校への志望につながっている。
○ 名張市では、コミュニティ・スクールをベースに、地域と商工会議所が連携し、小中高のつながりを意識したキャリア教育を実施しており、人材の育成につながっている。

≪学校のPRについて≫
○ 学校説明会などで、高校の魅力や特色がしっかり中学生や保護者に伝わるよう、工夫を続けてほしい。
○ 中学3年生になってからでなく、もっと早い段階で地域の県立高校の学習内容や取組を知ることができれば、志望者の増加につながると思う。
○ 在学する高校生が、自分の高校の魅力を伝えれば、中学生もより興味を持って聴くことができ、学校の魅力や楽しさが伝わると思う。
○ 伊賀市PTA連合会では、県立高校を知ってもらう取組として、市内の小学5年生から中学3年生までの児童生徒とその保護者を対象に、「伊賀地域県立高校進学フェスタ(10月)」を開催している。今後、さらに来場者が増加するよう周知など工夫していく。
○ 伊賀地域の県立高校の学習内容や特色は、以前に比べて中学生にわかりやすく伝わっており、それぞれが憧れや魅力を感じて地元の高校を志望している。一方で、両市間を移動しての進学が少なくなってきているのは、通学事情によるところが大きい。

≪今後取り組むべき方向性について≫
○ 地域の中学生が志望校を決定する決め手は何か、実態を把握する必要がある。そのことをふまえて特色化、魅力化を進め、PRに取り組むことが、地域外への流出を抑え、逆に、地域外からの志願者を取り込むことにつながると思う。

≪その他≫
○ 来年度から伊賀白鳳高校で開設される建築関係のコースにおいて、生徒が学ぶ分野への興味・関心を高めるとともに、資格取得に向けて意欲的に取り組めるよう応援をお願いしたい。


附属機関等会議概要

関連資料

  • 事項書・委員名簿・座席表(PDF(170KB))
  • 配付資料(PDF(2MB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2951 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyosei@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000224463