現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 市町村 >
  4. 市町の財政 >
  5. 市町の予算 >
  6.  県内市町の令和2年度普通会計当初予算及び6月25日時点の補正予算の概要を公表します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 市町行財政課  >
  4.  財政第1班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年06月30日

県内市町の令和2年度普通会計当初予算及び6月25日時点の補正予算の概要を公表します

 県内市町の令和2年度当初予算及び6月25日時点の補正予算の概要をとりまとめましたので、公表します。

1 当初予算規模
  令和2年度における県内29市町の普通会計の当初予算総額は過去最高の7,573億33百万円で、前年度
 と比べて12億17百万円(0.2%)の増となっています。
  ※ 前年度骨格予算編成を行った市町に係る前年度予算額は肉付け後の額により比較しています(以下
   同じ)。
  ※ 今年度は骨格予算を編成した市町はなく、すべて通常予算となっています。
  ※ 集計結果は別紙1、予算規模及び主な増減理由等は別紙2のとおりです。


2 当初予算(歳入・歳出の状況)

◎歳入の状況
(1)地方税については、2,902億50百万円で、前年度と比べて26億81百万円(0.9%)の減となってい
  ます。
   うち個人住民税は1,002億64百万円で、前年度と比べて19億15百万円(1.9%)の増となっている一
  方、法人住民税は178億42百万円で、前年度と比べて49億27百万円(21.6%)の減となっています。

(2)地方交付税については、1,218億39百万円で、前年度と比べて22億28百万円(1.9%)の増となっ
  ています。

(3)地方債については、583億39百万円で、前年度と比べて109億78百万円(15.8%)の減となってい
  ます。

(4)国・県支出金については、1,455億2百万円で、前年度と比べて76億26百万円(5.5%)の増となっ
  ています。


◎歳出の状況
(1)人件費については、1,527億49百万円で、前年度と比べて240億38百万円(18.7%)の増となって
  います。
  ※ 令和2年度から会計年度任用職員制度が始まることに伴い、同職員への給与等が今年度から人件費
   として計上されています(従来は物件費)。

(2)扶助費については、1,506億56百万円で、前年度と比べて27億50百万円(1.9%)の増となってい
  ます。

(3)公債費については、771億24百万円で、前年度と比べて76百万円(0.1%)の増となっています。

(4)普通建設事業費については、802億80百万円で、前年度と比べて174億58百万円(17.9%)の減と
  なっています。

3 6月時点の補正予算
  当初予算編成以降、6月25日時点の補正予算の総額は2,096億円(予算案を含む。)となっており、
 補正後の予算額は9,669億32百万円(当初予算比+27.7%)となる見込みです。なお、補正予算のう
 ち、新型コロナウイルス感染症対策に係る補正額は2,070億83百万円となっています。

 ◎主な事業
  ・「特別定額給付金」に係る事業 1,827億25百万円
  ・「子育て世帯への臨時特別給付金」に係る事業 24億21百万円
  ・「三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止協力金」に係る県への負担金 25億81百万円
   その他、水道基本料金の無料化や消費喚起のための商品券事業、GIGAスクール事業(国庫補助)等
   が実施される見込みです。

  ※ 予算規模の一覧は別紙3のとおりです。

( 用語の説明 )
 ◎骨格予算
   地方自治体の予算は年度開始前に議会の議決を経る必要がある(地方自治法第211条)が、新年度
  に首長選挙があり政策的経費を予算に計上することが馴染まない場合等に、政策的経費の計上を避けて
  予算編成を行う。これを慣例的に骨格予算といい、補正予算で政策的経費を改めて計上することを肉付
  けという。

 ◎普通会計
   地方自治体ごとに各会計の範囲が異なり、財政比較や統一的な把握ができないため地方財政統計上統
  一的に用いられる会計。一般的には公営事業会計以外のものを一つの会計としてまとめたものをいう。

 ※ 一般会計・特別会計
   特別会計は、特定の事業を行う等、一般の歳入歳出と区分して経理する必要がある場合において設置
  する会計(地方自治法第209条)で、それ以外の広く一般に歳入歳出を管理する会計を一般会計とい
  う。

 ※ 公営事業会計
   特別会計のうち、
  (a) 水道、病院、下水道などの公営企業会計
  (b) 自転車競走、モーターボート競走などの収益事業会計
  (c) 国民健康保険事業会計
  (d) 後期高齢者医療事業会計
  (e) 介護保険事業会計    等を指す。

関連資料

  • 別紙1 令和2年度市町別普通会計当初予算集計表(PDF(84KB))
  • 別紙2 令和2年度市町別当初予算規模(普通会計)の状況(主な増減理由)(PDF(188KB))
  • 別紙3 令和2年度市町別補正予算規模の状況(PDF(105KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 市町行財政課 財政第1班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2174/2214 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shichos@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000239955