現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政情報 >
  4. 広聴・広報 >
  5.  第二種電気工事士免状の誤送付による個人情報の漏えいについて
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 防災対策部  >
  3. 消防・保安課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和03年03月11日

第二種電気工事士免状の誤送付による個人情報の漏えいについて

第二種電気工事士免状の誤送付による個人情報の漏えいについて

 防災対策部消防・保安課において申請者1名の第二種電気工事士免状を他の申請者に誤送付し、個人情報が漏えいしました。

※第二種電気工事士は、経済産業省が定める国家資格で、屋内の配線や照明・コンセント等の設置など、電気工事を行う際に必要な資格です。

1 内容
 消防・保安課は、令和3年3月8日に、第二種電気工事士免状の申請者  89名に免状を簡易書留にて郵送しました。
 翌3月9日に免状を受け取った申請者の1名から、他者の免状が封入されているとの連絡があり、個人情報が漏えいしていることが判明しました。
 これを受け、もう一方の申請者に連絡したところ、こちらに送付された郵便物は未達であったことから、受け取った後は開封せずに保管するよう依頼し、開封前に回収しました。
 今回の個人情報の漏えいは、職員が免状に記載された氏名と封筒の宛名の確認を十分にできていなかったことが主な原因です。

2 漏えいした個人情報
 漏えいした個人情報は、免状に記載された氏名、生年月日、免状交付番号及び顔写真です。

3 判明後の対応
 消防・保安課では、誤送付された双方の申請者の自宅を訪問して、事実を伝え、お詫びするとともに、誤送付された個人情報を秘匿することについて、依頼しました。
 誤送付が発覚した後、同日(3月8日)に郵送された他の申請者全員(87名)に電話確認を行ったところ、本事案以外の誤りはありませんでした。

4 今後の対応方針
 第二種電気工事士の免状に関する業務で個人情報が漏えいしたことを重く受け止め、第二種電気工事士免状の送付にあたっては、免状に記載されている氏名と封筒に記載された送付先の氏名の突合を複数の職員で行うよう手順書を修正し、同じ過ちが発生することがないよう取り組んでまいります。
また、不適切な事務処理の再発防止のため、消防・保安課をはじめ防災対策部の全職員に、個人情報の保護やコンプライアンスの徹底に関する研修、及びチェックリストの再確認等を速やかに実施します。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 防災対策部 消防・保安課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2108 
ファクス番号:059-224-3350 
メールアドレス:shobo@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000248428