現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5. 三重県新型コロナウイルス感染症特設サイト >
  6.  感染症対策業務の重点化について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 患者情報プロジェクトチーム
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

 患者急増を踏まえた新型コロナウイルス感染症対策業務の重点化について

 令和4年7月28日には、新規感染者数が過去最多を更新するなど、今後も高水準で推移することが想定されることから、県民の命に直結する感染症対策業務(陽性者の把握、療養先の決定、重症化リスクを有する陽性者に対する健康観察の実施等)を維持するため、当面の間、下記のとおり県内全域を対象に業務の更なる重点化を図ることとします。
 県民の皆様や関係者の皆様におかれましては、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。
 

重症化リスクの低い陽性者に対するSMSでの初回連絡について

(令和4年8月1日から順次実施)

 「新型コロナウイルス感染症発生届」に記載された内容から、重症化リスクの低い陽性者(※1)については、電話での初回連絡に代えて、同発生届に記載された携帯電話番号に対してSMS(ショートメッセージサービス)を送信し、療養上の注意事項等の周知を行う場合があります。
これに伴い、SMSの開封確認(SMS上に記載したURLへのアクセスにより確認)が取れた場合は、保健所からの電話での初回連絡に代えて連絡を実施させて頂いたものとします。
なお、重症化リスクの高い陽性者、一定時間SMSの開封確認が取れない方については電話による初回連絡を行います。
 
 (※1)「重症化リスクの低い陽性者」とは、以下に該当しない陽性者を指します。
  ①65 歳以上の者
  ②40歳以上 65 歳未満の者のうち、重症化リスク因子(※2)となる疾病等を複数持つ者
   (※2)重症化リスク因子
     ワクチン未接種(ワクチン接種が1回のみの者も含む)、悪性腫瘍 、
     慢性呼吸器疾患(COPD 等)、慢性腎臓病、心血管疾患 、脳血管疾患 、
     喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満 (BMI30 以上)、臓器の移植、
     免疫抑制剤、抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下
  ③妊娠している方
 
【重要】下記に当てはまる方は、必ず療養期間中に保健所へご連絡願います。
   ・症状の持続を理由に、療養期間が診断日から10日を超える場合
   ・診断当初は症状がなかったものの、療養中に発症された方
    症状の持続・悪化を適切に把握する観点からも、必ずご連絡いただきますようお願いいたします。
    ※なお、ご連絡いただけない場合、療養期間通知書の記載期間を反映できません。
    (療養終了後のお申し出による反映は一切受け付けません。)

(参考)HER-SYS(ハーシス)について
 厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00129.html
 
 

濃厚接触者の特定及び行動制限等について

 濃厚接触者の特定及び行動制限については、以下のとおりの取扱いです。
 特定された濃厚接触者の待機期間は、原則5日間(6日目解除)ですが、2日目及び3日目に薬事承認された抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から解除となります。
 なお、特定した濃厚接触者のうち、無症状の濃厚接触者の検査及び健康観察については、初期スクリーニング検査を実施せず自身での健康観察をお願いしています。発症時には、ご自身で医療機関(診療・検査医療機関)又は受診・相談センターに電話相談のうえ、受診していただきますようお願いいたします。
 

(1)従来どおり濃厚接触者の特定及び行動制限を行う範囲

  • 同一世帯内
  • ハイリスク施設(高齢者・障害児者入所施設、入院医療機関、 特別支援学校)
※同一世帯内の同居家族等(生活を共にする家族や同居者)は原則、濃厚接触者となります。
 

(2)濃厚接触者の特定を行わない範囲

  • 事業所等((1)で示した施設を除く)
  • 中学校、高等学校
  • 保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、放課後児童クラブ
※なお、濃厚接触者の特定を保健所が必要と判断した場合には、濃厚接触者の特定及び行動制限を行います。

 

濃厚接触者に特定された方へ 心配な症状が出てきたら 

急を要する場合  

  意識が無い、呼吸苦が強いなど、急を要する状態のときは、119番をして「新型コロナウイルス感染症の濃 
 厚接触者である」ことを伝えてください。
 

緊急ではないが受診したい場合

 熱、呼吸器症状(咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉など)、頭痛、倦怠感、下痢、嘔吐などの症状が出てきた場合は、以下の方法で医療機関を受診してください。
 なお、受診にあたっては、必ず事前に電話にて相談・予約をしてください。

 また、事前に「感染者との接触があった」ことを電話で伝えた上で、受診方法を相談してください。受診の際は、電車やバスやタクシーなどの公共交通機関を使わずに受診してください。同居者等の運転で受診する場合は、全員がマスクを着用の上、窓を開ける、エアコンを中以上の風量にし、外気導入モードにする等換気を心掛けてください。
 

かかりつけ医等の医療機関への受診をする場合

 かかりつけ医等の身近な医療機関に電話でご相談ください。
 

かかりつけ医をもたない場合

 県が指定する「診療・検査医療機関」(発熱外来)一覧から、相談する医療機関を検索することが可能です。
 県が指定する診療・検査医療機関の一覧
 

相談する医療機関に迷う場合

 相談する医療機関に迷う場合は、以下の「受診・相談センター」にご相談ください。

1)9時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も対応)
  桑名保健所   0594-24-3619
  鈴鹿保健所   059-392-5010
  津保健所    059-223-5345
  松阪保健所   0598-50-0518
  伊勢保健所   0596-27-5140
  伊賀保健所   0595-24-8050
  尾鷲保健所   0597-23-3456
  熊野保健所   0597-89-6161
  
2)21時 00分から翌9時00分まで
  三重県 救急医療情報 センター (059‐229-1199)
  ※ 医療機関の紹介業務を行っております。症状の相談には応じかねますのでご了承ください。

※電話での相談が難しい場合は、
メール(covidan@pref.mie.lg.jp ) または FAX(059-224-2558) でご相談ください 。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 患者情報プロジェクトチーム 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2747 
ファクス番号:059-224-2558 
メールアドレス:kansenjo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000259101