現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 社会教育 >
  6. 出前講座 >
  7.  中世の安濃津について出前講座を行いました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県埋蔵文化財センター

中世の安濃津

三重県退職公務員連盟名青支部

 平成25年7月23日(火曜日)、三重県退職公務員連盟名青支部の方から依頼をいただき、名張市御旗市民センターにおいて、「中世の安濃津」についての講演を行いました。

 25名の参加をいただき、三重県埋蔵文化財センター職員伊藤裕偉から、「港町として知られた安濃津には、現代の入り江の状況以上に、蜘蛛(くも)の巣状に川が流れ、地理的に好条件の場所であり、その風景や人の賑わい、また明応の大地震後の様子などが古文献に記されていること、そして当時の焼き物の流通を担っていたのが伊勢であること」などの話をし、メモをとるなど熱心にご聴講いただきました。

 

#

#

            

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000047013