現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 知事のページ >
  4. 知事発言 >
  5. 職員へのメッセージ >
  6.  令和4年 知事年頭のあいさつ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 秘書課  >
  4.  秘書班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

令和4年 知事年頭のあいさつ

令和4年1月4日



 新年おめでとうございます。
 それぞれに、良い年をお迎えになられたことと思います。
 そうした中で、年末年始も関係なく、県民のために、職務に当たってくれました職員に、心から感謝をしたいと思います。
 まずは、コロナに対応してくれた保健所の職員、それから、久しぶりの大雪がありましたが、これに対応してくれた建設事務所の職員や防災事務所の職員の皆さん、また本庁でも、医療保健部の皆さんや県土整備部、それから防災対策部の職員も、よく頑張ってくれました。それ以外にも、県立病院の職員など多くの県職員が休み返上で働いてくれておりますことに、改めて感謝を申し上げたいと思います。

 昨年を振り返りますと、県知事に就任してから今で4ヶ月弱でありますけれども、職員の皆さん、ここにおられる方だけではなくて、県庁の全職員の皆さんのおかげで、新任の私でも何とか仕事をすることができました。心より感謝を申し上げます。
 コロナ対策、それから国体延期の是非、県議会への対応など、皆さんに感謝を申し上げたいと思います。特にコロナの第6波に立ち向かうみえコロナガード(MCG)、コロナ大綱の策定にあたりましては、多くの職員が、県民の命を守るために、懸命に努力をしてくれました。私も自ら各病院を訪問させていただきまして、病院長の皆さんをはじめとします医療従事者の皆さんに、直接お願いをしてまいりました。この関係で、よく頑張っていただいた皆さんに心より御礼を申し上げたいと思います。

 さて、新しい年がやってまいりました。2022年、県政の課題は非常に多岐にわたります。今年の課題として、大きく3つのことを申し上げたいと思います。

 1つ目、まずは危機管理の徹底であります。県民の皆さんの命と生活を守るのが、行政の最大の使命であります。危機管理の1つ目ということでは、最初にコロナ対策を、やっぱりしっかりやっていかないといけません。オミクロン株を主力とする第6波がそこまできております。昨年10月に策定しましたみえコロナガード(MCG)で、これを武器にして対応していきたいと思っていますが、正月気分は昨日までということで、今日から再び県民の盾、ガードとなって戦おうと思います。12月30日にコロナ本部を激励させていただきました。すでに我々の仲間は、年末年始返上で頑張ってくれています。県民の皆さんには、感染防止の徹底をお願いしたいというふうに思っております。危機管理の2つ目でありますけれど、自然災害、重大事故に備えるための体制の充実、より実践的な訓練、これを実施をしたいと考えています。今、この瞬間に、災害が来てもすぐに動けるように備えなければいけません。災害は一刻も待ってくれません。今朝も小笠原で地震がございました。いつ来るかもわかりませんので、すぐに動けるように、日頃からの訓練が大事であります。

 2つ目の課題ですが、人口減少対策であります。我々の父祖の地、この三重県は、すでに平成17年の国勢調査から人口減少局面に入っております。今まで、この問題に対応する専門の部署はありませんでしたが、体制を整備をして、この静かな危機に立ち向かっていきたいと思います。観光業をはじめとする産業の振興、子育て環境の整備、スポーツの振興、交通基盤の整備、子どもの幸福の実現、移住の促進、デジタル化の推進など多くの取組がこの要素となります。結果はすぐには出ません。ずっと出ないかもしれません。それでも、生まれ育ったふるさとの危機を放っておくわけにはいかない。指標を設けて先進的な取組をしている他県にも学び、この課題に対応していきたいと思っています。今年は、三重の「人口減少対策元年」にしたいと思っております。ぜひ皆さんの力をお貸しいただきたいと思います。

 3つ目であります。カーボンニュートラルへの対応です。日本だけではなく、世界中でパラダイムシフトが起きています。我が県も遅きに失した感じはありますけれども、劣勢を挽回する必要があります。自然・再生エネルギー対応や、電気自動車の対応、石油コンビナートからの転換、そうしたものへの対応、多くの骨太の議論が必要になっています。体制を整備して、衆知を結集して対応策を練っていきたいと思います。

 続きまして、業務に当たっての姿勢についてお話をさせていただきたいと思います。今申し上げたような大きく3つの課題、その中には様々な課題がありますが、これに取り組む今年のキーワードは「積極果敢」。この言葉を掲げさせていただきたいと思います。年始の様々なテレビ番組などで、「三重県 前へ」と私は申し上げました。それを文字にすると、積極果敢であると考えています。ただ必要なのはパフォーマンスではありません。地に足のついた地道な努力を評価をしたいと思います。目立ちやすい部門の職員の方々だけではなくて、現場で汗を流している職員の方々を評価をしたいと思っております。

 昨年の9月14日に、知事に就任をさせていただいてから、業務にあたっての姿勢として3つお話をさせていただきました。1つ目は聴政、悪い情報ほど話してください。違う意見ほど提案して欲しいということ。2つ目は、知事室のドアはいつも開いています。議論は円卓で行います。職階に関係なく発言をして欲しいということを言いました。3つ目は、皆さんは部下ではなくて仲間なんだと。責任をとります、思い切ってやって欲しいと。ただし、重要事項は確認をしてくださいと言いました。私も皆さんの仲間に入れて欲しいと申し上げたのが昨年の9月14日でありました。

 仕事の姿勢として、皆さんが立って話をされているなら、私も立ってお話を聞きます。皆さんが座れば私も座ってお話を聞きましょう、とこう申し上げております。実践ができたかどうか。これは皆さんにお伺いしないといけないと思っています。
 知事室で議論させていただいています中で、例えば、この年始の挨拶。これに関しては、課長級の職員の方が、面を冒して意見をしてくれました。「年始の挨拶は省略でもいいんじゃないか」という話を私言いましたけども、「それは駄目です」と。「県庁のトップとしてきちんと受けて欲しい」ということを言っていただきました。また、コロナ感染者の発表の時ですが、プライバシーを守るために、地域を発表するのか、それとも年代を発表するのか。私は、地域の発表もありではないかというふうに言いましたけど、係長級の職員の方が、私の提案に、「誹謗中傷を受ける感染者のことを考えて欲しい」という趣旨のことを言ってくれました。非常に頼もしい組織だと思いました。こういう提案をぜひして欲しいと思います。
 私は間違えることが多いです。そうした時に、若い人でも、あるいはここにおられる皆さんでも、ぜひ諌めていただきたい、正していただきたいということをお願いしたいと思います。仲間に入れてくれと、こういうふうに言ったわりには、細かいことを聞くという批判も耳にします。そうした批判も、大いに結構であります。できるならば、先ほどの職員の方々のように、直接言っていただけるとありがたいと思いますが、ぜひご批判もいただきたいと思います。県民のためなら、申し訳ないですが、細かいことも聞くかもしれません。先のコロナ大綱の策定では、ある程度皆さんにお任せをしたつもりであります。これからも、お任せできるところはお任せをしていきたいと。私1人で何の仕事もできませんので、皆さんを信頼しております。

 職員の皆さんに、4ヶ月弱私接してまいりまして、3つお願いをさせていただきたいと思います。1つ目は、グローバルな視点を持って欲しいということです。言うまでもありませんけれども、世界の中に日本があって日本の中に三重県があります。現在、世界の危機は、大きく言うと2つあるんではないかと私は考えています。1つは、地球温暖化、これも全世界で対応しなくてはいけない問題であります。もう1つは、民主主義陣営と専制国家連合との対立であります。地球温暖化、先ほど3つ目の課題に掲げましたカーボンニュートラル。これで県政に大きな影響があるのは皆さんご存知のとおりであります。国家群の対立は、三重県に全く関係ないということではありません。自動車産業だとか、観光だとか、大きな影響が出てきます。三重県の中だけを見ていては、行政はもうすでにできない時代になっていると思います。今年は強じんな美し国ビジョンや元気プランの策定が本格化します。これに関しては、巧言令色、言葉を飾る、そんなつもりはありません。時間はかかっても、真に県民のためになるように衆知を結集したいと思っています。よいものにする努力と時間を、県民は理解をしてくれると信じておるところであります。

 2つ目のお願いですが、県民を唯一の判断基準として欲しい、判断の軸として欲しいということであります。皆さんが配慮すべきなのは、知事でもありません。業界でもありません。議会でもありません。唯一、県民であります。判断に迷えば、県民のためになっているかどうか、これを軸としていただきたいというふうにお願いしたいと思います。

 3つ目。最後でありますが、仲間と自分と家族を大切にして欲しいということであります。
 就任時だけではなくて、多くの挨拶で、私は寡聞にして、自分と仲間の健康、家族より大事な仕事を見たことがないというふうに言ってきました。私にとって一番大事なのは、県民です。もうすでに、国での仕事を私は終えました。今は、ふるさとのために、働くのみであります。次に大事なのは、皆さん方職員であります。なぜなら、皆さんは私の大事な仲間でありまして、県庁職員の方々は、県民の盾であり矛であるからであります。そういった意味で、ハラスメントは、撲滅をしていきたいと思っています。また、外部の不当な要求にも屈することなく、毅然として対応していきたいと考えています。もし、そういうことがあれば、私に言ってきていただきたい、というふうに思います。みんなで一緒に頑張りましょう。うつむくのはやめましょう。我々三重県人には、三重県民と法が味方をしてくれると思っております。

 今年も多くの課題があります。風通しの良い組織を作っていきたいと思っていますので、ご協力をお願いしたいと思います。県庁職員の皆さんには、皆さん一人ひとりが、県民の盾であり矛であるという誇りを持って、今年1年ともに汗をかいていただきたいとお願いいたします。

 今年もよろしくお願いいたします。
 
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 秘書課 秘書班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2013、2014、2498 
ファクス番号:059-224-3130 
メールアドレス:hisho@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000258151