現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 消費者物価の動き >
  6. 平成15年分 >
  7.  消費者物価の動き(平成15年7月)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  消費・生活統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

消費者物価の動き(平成15年7月)

1 概況

総合指数は、98.5で対前月比0.4%下落。主なものでは、果物が16.3%下落、たばこが8.2%上昇。

平成15年7月の三重県消費者物価指数(津・桑名・上野・尾鷲の4市平均)は、総合指数で98.5(平成12年=100)となり、対前月比は0.4%の下落で、対前年同月比は0.1%の上昇でした。

前月に比べ上昇した項目 たばこ 8.2%
  油脂・調味料 3.3%
  身の回り用品 3.2%
前月に比べ下落した項目 果物 △16.3%(生鮮果物△17.5%)
  肉類 △7.4%
  シャツ・セーター・下着類 △6.2%

2 費目別の動き(対前月比)

○食料は97.4となり、1.6%の下落でした。
○住居は101.8となり、0.4%の上昇でした。
○光熱・水道は99.6となり、0.1%の上昇でした。
○家具・家事用品は93.2となり、前月と同じでした。
○被服及び履物は92.3となり、4.2%の下落でした。
○保健医療は104.8となり、0.1%の上昇でした。
○交通・通信は98.9となり、0.1%の下落でした。
○教育は102.9となり、前月と同じでした。
○教養娯楽は94.6となり、1.6%の上昇でした。
○諸雑費は102.4となり、1.7%の上昇でした。

平成15年7月の総合の指数です。三重県は98.5、全国は98.0でした。

1) 最近3ケ月の10大費目の三重県指数の動向(平成12年=100)

10大費目の最近3ヶ月の三重県の指数の動向です。住居、諸雑費などが上昇してきています。

2) この1年間の三重県(4市平均)と津市の総合指数の比較(平成12年=100)

この1年間の三重県と津市の総合指数値です。双方ともほぼ同じ動きで変動しています。

3) 三重県及び4市(津、桑名、上野、尾鷲)の最近3ケ月の総合指数の対前月上昇率

三重県と県内4市の総合指数の、ここ3ヶ月間の対前月上昇率です。桑名市と尾鷲市の変動幅がやや大きくなっています。

4) 全国、三重県、津市の10大費目指数の比較(平成15年7月)  (平成12年=100)

平成15年7月の、全国・三重県・津市の10大費目指数です。いずれもほぼ同じ数値ですが、家具・家事用品のみ少し差がついています。(高い順に津市・三重県・全国)

注・2)、4)のグラフは、全国、県、市それぞれの区域で平成12年を100とした基準で計算したものをグラフの縦軸とし、3者(2者)の比較をみるため同一のグラフ内に表したものである。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 消費・生活統計班 〒514-0004 
津市栄町1丁目954(栄町庁舎2階)
電話番号:059-224-2051 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000013756