現在位置:
  1. トップページ >
  2. 組織・業務 >
  3.  地域事務所 >
  4. 伊賀建設事務所 >
  5. 管内・事業概要 >
  6.  建設事務所の概要:管内概要
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  建設・流域下水道事務所  >
  3. 伊賀建設事務所  >
  4.  総務・管理室(総務課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

管内概要

管内図

 伊賀建設事務所の所管区域は名張市と伊賀市(平成16年11月1日に「上野市・伊賀町・島ヶ原村・阿山町・大山田村・青山町」の6市町村が合併)です。

地形
 三重県の西北部、関西圏と中部圏のほぼ中間に位置するとともに、北は滋賀県、西は京都府、奈良県に接しているなど、古くから関西圏の影響を強く受けている地域です。
 また、東に鈴鹿山脈、布引山脈、西に起伏のゆるやかな笠置山地、南に室生火山群、北に信楽高原と、標高500m~800mの山々に囲まれた内陸盆地であり、総面積は687.93キロ平方メートル(県土の約12%)、うち約62%を山地が占めています。
 盆地内は標高130~160mで、柘植川、服部川、木津川、名張川が流れ、旧上野市街、名張市街などを潤し、その全てが木津川に集まり、さらに淀川となって大阪湾に注いでいます。

気候
 気温は年平均14℃前後で、県内でも比較的低く、また日格差、年格差が大きいなど、かなり厳しい内陸型盆地特有の気候です。年間降雨量は1,400mm程度と少なく、地形的な要因から夏には雷、春秋には霧が多く発生します。

人口
 平成22年国勢調査(平成22年10月1日)によると、人口は177,491人(名張市80,284人、伊賀市97,207人)であり、県の総人口に占める割合は約1割です。
 昭和40年頃までは、高度成長期における県外流出が続き、各2市とも減少していましたが、その後、徐々に増加し、昭和55年以降の管内人口の増加率は県全体の増加率を大幅に上回る状況が続きました。これは、伊賀南部の近鉄大阪線沿線の住宅開発等に起因するもので、昭和50年からの25年間で、名張市では約2.4倍に人口が増加しました。しかし、現在、管内人口は減少に転ずるとともに、高齢化が進展しています。

交通
 道路網については、東西幹線として、名阪国道、国道25号、国道163号、国道165号があり、南北幹線として、国道368号、国道422号があります。このうち、名阪国道は昭和40年に開通し、物流の大動脈として地域に著しい発展をもたらしてきました。
 鉄道については、北部のJR関西本線、南部の近鉄大阪線が東西軸として、南北軸として、この両者を結ぶ伊賀鉄道があり、また北東部にはJR草津線が通っています。

観光
 伊賀地域は、俳聖殿、芭蕉翁生家、蓑虫庵など松尾芭蕉ゆかりの地をはじめ、伊賀上野城、伊賀流忍者博物館、だんじり会館、鍵屋の辻、正月堂、新大仏寺、美旗古墳群など歴史的資源に恵まれています。
 また、室生赤目青山国定公園や鈴鹿国定公園、赤目一志峡県立自然公園の一部を有しており、青山高原、赤目四十八滝、青蓮寺湖、香落渓といった自然景観に優れた地域でもあります。
 さらに、伊賀の里モクモク手づくりファームをはじめ岩倉峡公園、あやまふれあい公園、島ヶ原温泉やぶっちゃ、大山田温泉さるびの、赤目四十八滝キャンプ場などの自然志向型の観光施設が整備されています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 伊賀建設事務所 総務・管理室(総務課) 〒518-8533 
伊賀市四十九町2802(伊賀庁舎6階)
電話番号:0595-24-8200 
ファクス番号:0595-24-8241 
メールアドレス:gkenset@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012636