現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 建設業 >
  5. 住宅瑕疵担保 >
  6.  住宅瑕疵担保履行法に基づく届出
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建設業課  >
  4.  建設業班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

建設業のための広場

住宅瑕疵担保履行法に基づく届出について

 「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」(住宅瑕疵担保履行法)が平成21年10月1日に施行されたことに伴い、平成21年10月1日以降に新築住宅を引き渡す建設業者や宅建業者は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(住宅品質確保法)で定める10年間の瑕疵担保責任を確実に行うための資力確保措置(保証金の供託又は保険への加入)を講じることが義務づけられました。対象事業者は、毎年4月21日までに、基準日前1年間分の資力確保措置(保険加入等)の状況について届出をする必要があります。 

対象:過去10年間に新築住宅を引き渡した実績のある、
   ・建設業者(建設業の許可を受けた建設業者)
   ・宅地建物取引業者(宅地建物取引業法の免許を受けた宅建業者)


 ※ 令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に引渡しの実績がない場合でも、今までに
   届出を行った事業者は下記様式により「0件」である旨の届出を行う必要があります。


 なお、令和3年5月28日に公布された「住宅の質の向上及び円滑な取引環境の整備のための長期優良住宅の普及の促進に関する法律等の一部を改正する法律」が令和3年9月30日に一部施行されたことに伴い、新築住宅を引き渡した事業者に課される資力確保措置の状況についての基準日届出が、年1回(3月31日のみ)となりました。
 保険法人から基準日ごとに送付される保険契約締結証明書も1年間分(4/1~3/31)となり、年1回の送付となりました。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

 新築住宅を引き渡した建設業者や宅建業者が「供託」や「保険」の資力確保措置をしていない場合、または許可・免許行政庁への届出をしていない場合は、基準日の翌日から起算して50日を経過した日以降、新たな請負・売買契約を締結することができなくなります。また、これに違反して契約締結したときは、1年以下の懲役または100万円以下の罰金またはその両方に処せられることがありますので注意してください。

制度等詳細は、下記関連リンク集をご覧ください。


◎令和4年3月31日を基準日とする第24回の届出について:

 
•第24回届出手続きのお知らせパンフレット

 手続きは下記をご覧ください。
 

届出期間

・令和4年3月31日を基準日とする第24回の届出期間:

  令和4年4月1日(金)~4月21日(木)(必着)

  ※提出期限を厳守してください。
  ※当日消印有効

 

届出先 

許可・免許を受けている行政庁(三重県知事許可・免許業者は三重県、国土交通大臣許可・免許業者は許可・免許を受けた各地方整備局等)

 (建設業者) 三重県知事許可業者 → 三重県県土整備部建設業課 建設業班

 (宅建業者) 三重県知事免許業者 → 三重県県土整備部建築開発課 宅建業・建築士班 

   ともに、届出先住所は 〒514-8570 三重県津市広明町13番地

 ※各建設事務所では届出受付(受理)・経由は行いませんので、直接上記へ届け出てください。

 大臣許可・免許業者は、県ではなく、各地方整備局等に直接、届出をしてください。
 

届出方法

郵送または窓口持参とします(窓口持参の場合でも、届出時に内容審査は行いません)。

 郵送の場合は、簡易書留など確実な方法による提出が必要です。

 ※「住宅瑕疵担保履行法届出書在中」朱書きで記載をお願いします。

 郵送の場合は、当日消印有効とします。

 建設業と宅建業の両方を営み、請負契約と売買契約により新築住宅を供給する事業者は、必ず両方の届出先に対し、供給分に係る届出を提出する必要があります。

 

届出書類

届出書類は、建設業者と宅建業者、供託と保険加入で異なります

 (注意)様式に記入する建設業許可番号は、書き間違いの無いようご注意ください。
     許可番号が不明な方は、こちらから検索してください。
 

建設業者 (建設業の許可を受けた建設業者)

1 届出書(第一号様式):※様式が一部変更になりました。

 
様式ダウンロード(保険のみの場合) 
 
 
  様式(Word) 
  
    
      記載例   

   

※押印は不要です。
※前回までに届出をした方で、基準日前1年間に新築住宅を引き渡した実績がない場合は、実績を
 「0」と記入し、この様式(第一号様式)のみ提出してください(保険加入のみの場合)。
 
 → 記載例はこちら


2 引渡し物件一覧表(第一号の二様式):※様式が一部変更になりました。

 
様式ダウンロード(保険のみの場合)  
   
 
 様式(Excel)

 
    
      記載例      

 

※押印は不要です。
保険法人から送付された「保険契約締結証明書【明細】(引渡し物件一覧表)」に記名したものがあれば、
「引渡し物件一覧表(第一号の二様式)」については代用可(記名の無いものは不可)です。
ただし、その場合も、届出書(第一号様式)は省略不可ですので、必ず提出してください。


3 保険契約を証する書面(保険加入の場合)

 ・保険法人から送付された保険契約締結証明書の原本(写しは不
  
※新築住宅引き渡し戸数が0である場合は省略可


4 保証金にかかる供託書の写し(供託した場合)

 ・供託の場合や上記以外の建設業者用届出様式ダウンロードはこちら(国土交通省HP)から

 

宅建業者宅地建物取引業法の免許を受けた宅建業者)

 こちらをご覧ください(建築開発課ページへ)。
 

 届出部数

 正本1部
 

届出等の留意事項

基準日前1年間に新築住宅を引き渡した実績がなく、資力確保措置を行わなかった場合でも、一度届出をした場合は、10年間は基準日ごとに届出が必要です。

・基準日に資力確保措置が不足している場合でも、不足した状態で届出をしてください。その後、必要な供託を行い、別途手続きをしていただくことになります。

・建設業者・宅建業者は、新築住宅の発注者・買い主に対して、契約締結の前に書面で「供託」と「保険」のどちらで資力確保措置をするのかを説明する必要があります。

・資力確保措置の状況は、建設業法及び宅地建物取引業法で定められている帳簿に記載し、10年間保存する必要があります。
 

その他

<参考>
・前回(令和3年3月31日を基準日とする第23回の届出)の手続きは、こちらをご覧ください。

 第23回届出手続きのお知らせパンフレット
 基準日における届出手続パンフレット
 

お問い合わせ先

制度等に関すること

 三重県県土整備部住宅政策課 住まい支援班 TEL.059-224-2720

届出に関すること

 ※お問い合わせの前に、必ず、上記を熟読してください。
  
 (建設業者)三重県県土整備部建設業課 建設業班 TEL.059-224-2660

 (宅建業者)三重県県土整備部建築開発課 宅建業・建築士班 TEL.059-224-2708

 ※国土交通大臣許可・免許業者は、直接各地方整備局等にお問い合わせください。
 

関連リンク集 

制度等

住宅瑕疵担保責任保険法人

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建設業課 建設業班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2660 
ファクス番号:059-224-3290 
メールアドレス:kengyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035460