現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 動物愛護 >
  4. 狂犬病予防・動物愛護管理 >
  5. 動物愛護管理の取組 >
  6.  飼い主のいない猫たちへの手術と育成サポート
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  生活衛生・動物愛護班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

「飼い主のいない猫たちへの手術と育成サポート」にかかるクラウドファンディング結果報告

~飼い主のいない猫たちへの手術と育成サポート~

事業概要

 三重県では、猫の殺処分数の多くを占める飼い主のいない猫を減らす取組の一つとして、三重県動物愛護推進センター「あすまいる」を拠点に、「飼い主のいない親猫」への不妊・去勢手術等の支援を行っています。

 猫は繁殖力の強い動物であり、野外での繁殖を防ぐためには不妊・去勢手術が必要です。そのため、県では、飼い主のいない猫を捕獲し、不妊・去勢手術をして元の地域に戻し、一代限りの命を見守る活動の支援を行っています。
 今回は、これに「子猫の育成」に関する取組を加え、親猫と子猫の両世代をケアする取組をはじめました。保健所に持ち込まれる猫の多くが飼い主のいない子猫であり、これらの子猫のうち自活できない子猫は生存率が低く、適切な飼養管理を必要とすることから、「子猫育成サポーター制度※」を盛り込み、より良い環境で育成することで、子猫の生存率を向上し、新たな飼い主への譲渡につなげています。
 これらの活動を実施するため、手術に必要な費用に加え、子猫の飼育等に必要な物品の費用の一部を募集するクラウドファンディングを実施したところ、大変多くの方々にご支援をいただくことができました。
 本当にありがとうございました。

寄附目標金額

 2,000,000円
 

寄附申込総額

 3,005,000円(最終)


 「飼い主のいない猫たちへの手術と育成サポート」にかかるクラウドファンディングは、10月31日をもって募集を終了いたしました。
 おかげさまで、たくさんのご支援をいただき、目標額を達成することができました。
 皆様の温かいお気持ちに大変感謝しております。

 

事業の実施結果

飼い主のいない猫の不妊去勢手術

・三重県動物愛護推進センター「あすまいる」における手術
   実施回数 13回     実施頭数 548匹
・協力動物病院における手術
   協力動物病院数 31軒  実施頭数 235匹
 

子猫の育成サポート

・子猫育成サポーター登録人数   9名
・育成し、譲渡した子猫の数   57匹

寄附の使途等

 いただいた寄附については、飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用、医薬品及び子猫の育成のために必要な物品の購入に全額活用しており、残額は令和4年度に繰り越し、手術費用と子猫の育成に必要な物品の購入に活用させていただく予定です。

内訳 歳入 歳出

令和3年度寄附額

3,005,000円

 

前年度繰越額

1,400,000円

 

飼い主のいない猫不妊・去勢手術 ※

 

1,572,000円

医薬品

 

1,230,181円

消耗品費

 

101,035円

次年度繰越額

 

1,501,784円

合計

4,405,000円

4,405,000円

※(公社)三重県獣医師会の協力獣医師による手術や技術支援にかかる費用
 

ご支援ありがとうございます!
 

飼い主のいない猫の殺処分減少のためのクラウドファンディング(平成30年度以降)

令和2年度の結果報告はこちら
令和元年度の結果報告はこちら
平成30年度の結果報告はこちら

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 生活衛生・動物愛護班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2359 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000252206