現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政情報 >
  4. 県民意識調査 >
  5. 県民意識調査 >
  6.  第11回みえ県民意識調査の集計結果を公表します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 企画課  >
  4.  企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和04年07月01日

第11回みえ県民意識調査の集計結果を公表します

 県では、平成24年(2012)年4月に、おおむね10年先を見据えた県の戦略計画「みえ県民力ビジョン」を策定し、その中で「県民力でめざす『幸福実感日本一』の三重」を基本理念として掲げたことから、「みえ県民意識調査」により、県民の皆さんの「幸福実感」を把握し、県政運営に活用してきました。
 今回、令和4年1月から2月にかけて実施した「第11回みえ県民意識調査」の集計結果がまとまりましたので、お知らせします。
 
〇調査の概要等
1 調査期間  令和4年1月から2月まで

2 調査方法  県内に居住する18歳以上の10,000人に対する郵送アンケート
        (調査票の回収は、記入した調査票の返送又はインターネット上での回答)
3 有効回答数 5,277人(有効回答率 52.8%)

4 調査項目
  ・幸福感
  ・地域や社会の状況についての実感
  ・行動計画に関すること
  ・ご家族に関すること
  ・県政の情報の入手等に関すること
  
5 今回調査のポイント
 <日ごろ感じている幸福感>
・幸福感について10点満点で質問したところ平均値は6.73点で、前回調査より0.01点低くなったものの、
 第1回調査よりも0.17点高く、過去3番目に高い数値となりました。

 <地域や社会の状況についての実感>
・地域や社会の状況についての実感をおききしたところ、「実感している層」の割合は、「三重県産の農
 林水産物を買いたい」が86.2%で最も高くなっています。次いで、「自分の住んでいる地域に愛着があ
 り、今後も住み続けたい」(75.3%)、「犯罪や事故が少なく、安全に暮らせている」(68.9%)の順
 で、これまでの11回の調査を通じて同順位となっています。
 一方、「実感していない層」の割合は、「働きたい人が仕事に就き、必要な収入を得ている」が64.6%
 で、第1回調査以降、継続して最も高くなっています。次いで、「国内外に三重県の魅力が発信され、
 交流が進んでいる」(57.6%)、「道路や公共交通機関等が整っている」(56.9%)の順となっていま
 す。
・第1回調査から質問内容を変えずに継続的におききしている11項目のうち、第1回調査より「実感して
 いる層」の割合が高くなったのは10項目で、増加幅が最も大きかったのは「必要な医療サービスが利用
 できている」(+14.4ポイント)、次いで、「子どものためになる教育が行われている」(+12.4ポ
 イント)、「災害の危機への備えが進んでいる」(+10.1ポイント)の順となっています。
 一方、「実感していない層」の割合は、「道路や公共交通機関等が整っている」(+1.0ポイント)、
 「三重県産の農林水産物を買いたい」(+0.6ポイント)を除く9項目で第1回調査より低くなってい
 ます。


6 その他
 第11回みえ県民意識調査の集計結果をまとめた報告書は、7月1日から県ホームページでご覧いただけます。また、令和4年7月下旬以降に県庁や各県庁舎(地域防災総合事務所、地域活性化局等)に配置します。
  URL https://www.pref.mie.lg.jp/KIKAKUK/HP/mieishiki/
                     (「みえ意識」で検索)  

関連リンク

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 企画課 企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2025 
ファクス番号:059-224-2069 
メールアドレス:kikakuk@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000263648