現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 三重県総合博物館 >
  5.  【中止】「身近な冬鳥を観察しよう」の参加者を募集します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 総合博物館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和04年01月08日

【中止】「身近な冬鳥を観察しよう」の参加者を募集します

【2022年2月15日更新】
三重県まん延防止等重点措置の延長に伴い、本事業を中止します。


 三重県総合博物館(MieMu)では、子どもたちの自然に対する観察眼を養い、身近な自然への興味関心を高めることを目的として、フィールドワークを開催しています。今回は、館内で冬鳥の剥製を観察し、体形や生態について学んだ後、実際に安濃川河口に移動して野鳥を観察します。ぜひご参加ください。

1日時:令和4年3月5日(土) 9時30分から11時15分まで【中止】
※雨天および強風の場合は中止します。その際はホームページで周知を図るとともに、参加者には当日7時までに連絡します。

2場所:三重県総合博物館および安濃川河口(津市高洲町)
※集合場所は三重県総合博物館2階 実習室(津市一身田上津部田3060)

3内容:三重県総合博物館で冬鳥の剥製を観察し、その後、安濃川河口を散策しながら、冬鳥を観察します。

4講師:平井 正志(ひらい まさし)(日本野鳥の会三重)
    木村 京子(きむら きょうこ)(三重県環境学習情報センター)

5参加費:無料

6定員:30名

7対象:どなたでも参加できますが、小学生以下は保護者の同伴が必要です。

8服装:防寒具をご用意ください。

9持ち物:双眼鏡・雨具など
※双眼鏡をお持ちでない方には、博物館のものを貸し出しますので、お申し込みの際にお知らせください。

10申し込み方法  
※2月12日(土)までに往復はがきか電子申請にてお申し込みください。
※電子申請は、当館ホームページのイベント案内からお申し込みください。
アドレス https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/84927046739.htm
※1通の申し込みで最大4名様までです。代表者の氏名、住所、当日連絡が取れる電話番号および、フィールドワーク中に緊急事態が起こった場合の連絡先(本人以外)、参加者全員の氏名、年齢を記入してご応募ください。
※応募者多数の場合、抽選となりますので予めご了承ください。

11申し込み・問い合わせ先
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田3060 電話:059-228-2283
   三重県総合博物館「身近な冬鳥を観察しよう」係 

12主催:三重県総合博物館、日本野鳥の会三重、三重県環境学習情報センター

13その他:新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、中止となる場合があります。

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県総合博物館(MieMu) 〒514-0061 
津市一身田上津部田3060
電話番号:059-228-2283 
ファクス番号:059-229-8310 
メールアドレス:MieMu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000258060