現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 平成12年度 >
  6. 平成12年度当初予算(一般会計)のポイント >
  7.  1 「あれか、これか」の優先度判断によるメリハリ予算
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

1 「あれか、これか」の優先度判断によるメリハリ予算

◆「三重のくにづくり宣言」を推進するための事業に重点化
(1) 県民生活に直結する福祉・教育サービス等の充実
【例えば、介護保険、バリアフリー、学校教育等】
(2) 三重の未来、21世紀の県政を見据えた施策の展開
【例えば、人権、市民活動、環境先進県、新産業創出、科学技術、情報先進県、行政システム改革、総合行政等】
(3) 公共事業の重点化
平成11年度に策定した公共事業の重点化方針に基づき、(1)事業効果と総合計画の数値目標達成の寄与度、(2)事業の延伸可能性、(3)財源等の観点から、公共事業について重点化を行った結果、道路や下水道事業等に重点配分を行った。
 また、公共事業の費用対効果を計測、評価し、事業の優先順位付けを行う公共事業評価システムを平成12年度に構築し、公共事業の重点化、透明化を進める。
主な重点事業 (詳細は、別紙1)
施策展開の基本方向 主 な 重 点 事 業
  1. 一人ひとりを大切にし、人と文化を育てるために
  • 人権施策の総合推進
  • 男女共同参画社会の実現
  • 学校教育の充実
  • 市民活動の推進
  1. 安全で安心なささえあい社会をつくるために
  • バリアフリー社会の推進
  • 介護保険制度の円滑な実施
  1. 自然と調和した美しい環境を創造するために
  • 廃棄物の適正処理の推進
  • 森林・農地の公益的機能の増進
  1. 産業を盛んに、経済を活発にするために
  • 新産業の創出とベンチャー支援対策の充実
  • ビジターズ・インダストリーの振興
  1. 多様な交流・連携を通じ、個性と魅力ある地域を育てるために
  • 科学技術共同研究の推進
  • 情報先進県づくりの推進
  • 地域づくりの推進
  1. 計画を実現するための行政運営
  • 総合計画第二次実施計画の策定
  • 教育行政システム改革の推進
  • 電子県庁の推進


目次へ前へ/次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034314