現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成15年度 >
  7.  2003(平成15)年度 当初予算 施策目的評価表/集客交流産業(ビジターズ・インダストリー)の振興
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2003(平成15)年度 当初予算 施策目的評価表

2003(平成15)年度 当初予算

施策目的評価表

 

施策名

423 集客交流産業(ビジターズ・インダストリー)の振興

評価者

農林水産商工部地域活力づくり分野 総括マネージャー 梅村庄三

 

評価年月日

02/11/15 10:50:16

059-224-2551 umemus00@pref.mie.jp

施策の目標(2010年度にめざす姿)

三重県を訪れる人びと(ビジターズ)の立場に立った個性的な観光、リゾート地域の整備や地域の特性を生かした地域づくりが進められ、国内外との交流が盛んに行われるとともに、集客交流を支える新しい産業(ビジターズ・インダストリー)が活発に展開しています。

 

施策の数値目標及びコスト

 

 

 

施策の数値目標に関する説明・留意事項

 

・1年間に観光レクリェーション等の目的で、県内の観光地を訪れた人数の推計値(観光レクリエーション入込客数推計書)

・集客交流産業の振興には、地域の一人ひとりが訪れた方々をもてなしの心で対応していただくことが必要ですのでご協力をお願いします。

・2003年度の目標値は、前年比25万人増を見込んでいます。

 

2002年度の取組内容

 

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

・伊勢志摩再生プロジェクトがテーマ型観光の推進、観光地景観形成、バリアフリーツアー推進に取り組みました。その結果、(株)伊勢志摩ツアーズが観光商品の開発と年内販売に向けて活動中です。観光地景観形成についてはガイドラインづくりに向けた基礎調査を実施しています。NPO伊勢志摩バリアフリー・ツアーセンターは観光施設の評価、観光情報の発信、旅行案内を実施しています。

・観光情報発信の機能を強化するため、10月からホームページのリニューアルをしました。国際観光対応については外客誘致委員会を6月に設置し具体的な事業化について検討しています。

・三重のおもてなしはバリアフリースタイルといったテーマでキャンペーンを実施しています。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

・観光レクリエーション入込客数は、夏休みに若干増加したものの依然として減少傾向にあります。このため、観光地の「競争力ある魅力づくり」と「情報発信力の強化」に向けて、伊勢志摩再生プロジェクトと県内各地域との連携により個性を生かした魅力づくりに地域が主体となって取り組む必要があります。

・ホームページのリニューアルの補完対応によりアクセスの増加につなげる必要があります。国際観光に対応した外客受け入れ態勢の整備を進める必要があります。

・この他、学校教育の週休2日制やハッピーマンデーの増加などにより観光レクリエーションの質が大きく変わることも想定され多様な対応が求められています。

・また、情報発信キャンペーンでは、伊勢志摩にとどまらず三重県の個性と魅力ある「観光資源」を具体的に発信する必要があります。

 

2002年度における構成する基本事業の成果達成見込み

基本事業名

担当チーム

成果達成見込み

戦略上の位置づけ

注力

改革方向

A 42301 集客交流を盛んにする地域競争力強化

農林水産商工部 まちの活力づくり支援チーム

順調

改善する

B 42302 地域・観光情報の発信力強化

農林水産商工部 まちの活力づくり支援チーム

低調

現状維持

 

2003年度の取組方向

 

・地域が主体となった活動を理念としている伊勢志摩再生プロジェクトが、観光地の「競争力ある魅力づくり」と「情報発信力の強化」に取り組む中、県内各地域との連携をとることによって、地域が主体となった個性と魅力ある地域づくりへの取り組みに支援します。

・観光情報発信の機能を強化するため、ホームページの地域情報の質を上げ価値を産出します。国際観光対応については外客誘致委員会のプランを策定し、誘致活動を実践します。

・三重のおもてなしはバリアフリースタイルをテーマとして、新しいイメージキャラクターでキャンペーンを実施し、情報発信します。

 

2003年度 構成する基本事業間の戦略(注力、改革方向)

基本事業名

担当チーム

注力

総括マネージャーの方針・指示

基本事業の数値目標

目標値

達成状況

改革方向

実績値

A 42301 集客交流を盛んにする地域競争力強化

農林水産商工部 まちの活力づくり支援チーム

伊勢志摩再生プロジェクトの活動支援と、県内他地域との交流に取り組むこと

観光リピーター率

59.3

 

改善する

 

B 42302 地域・観光情報の発信力強化

農林水産商工部 まちの活力づくり支援チーム

観光情報のコンテンツを充実し発信すること。

観光ホームページへのアクセス件数

550000

 

現状維持

 

 

 

主な事業

 

1 2005年集客交流戦略推進事業【基本事業名 42301 集客交流を盛んにする地域競争力強化】

当初予算額: 305,171(千円)

事業概要:地域観光事業者と行政が協働で実施する伊勢志摩の再生に向けた取り組みを支援するため、伊勢志摩再生プロジェクトを組織し、その中からの主体的な取り組みに対し支援、補助します。

 

2 「みえとあそんで」観光振興事業【基本事業名 42302 地域・観光情報の発信力強化】

当初予算額: 176,374(千円)

事業概要: (社)三重県観光連盟に観光振興諸事業を集約し、これを支援することにより、観光情報の発信力を強化し、本県観光の発展に資する。

 

3 伊勢志摩コンベンション推進機構運営補助金【基本事業名 42301 集客交流を盛んにする地域競争力強化】

当初予算額: 10,000(千円)

事業概要: 伊勢志摩地域への観光客の誘致及び県営サンアリーナ施設の利活用を促進するため、伊勢志摩コンベンション推進機構運営補助金を交付します。

 

4 県営サンアリーナ管理運営費【基本事業名 42301 集客交流を盛んにする地域競争力強化】

当初予算額: 312,595(千円)

事業概要: 三重県のスポーツ、文化、産業等の振興と国際交流の促進及び県勢の活性化を図るため、県営サンアリーナの管理運営を(財)三重ビジターズ推進機構に委託します。

 

 


 

 戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034853