現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成15年度 >
  7.  2003(平成15)年度 当初予算 施策目的評価表/みえ歴史街道構想の推進
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2003(平成15)年度 当初予算 施策目的評価表

2003(平成15)年度 当初予算

施策目的評価表

 

施策名

553 みえ歴史街道構想の推進

評価者

生活部 文化・私学分野 総括マネージャー 吉川 新

 

評価年月日

02/11/26 11:01:31

059-224-2496 yoshia02@pref.mie.jp

施策の目標(2010年度にめざす姿)

歴史街道を活用して地域の自然や歴史、文化、景観の継承、再生を進めることで、魅力ある地域づくりが進み、地域の人びとが住むことに誇りと愛着を持つとともに、県内外の人びととの交流が活発になっています。

 

施策の数値目標及びコスト

 

 

施策の数値目標に関する説明・留意事項

 

みえ歴史街道構想地域別推進計画に位置付けられているプロジェクトや取組を地域の住民・企業・団体・行政が協働で着手した割合  ※2002年度の実績は、2002年10月現在の見込み値です。

 

2002年度の取組内容

 

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

2001年度までに、9つ全ての生活創造圏で地域別推進計画を策定し、2002年度からは、同推進計画に基づく取組を全ての圏域で推進するとともに、ホームページ等によりそれらの情報発信を行ってきました。

さらに、市町村による歴史街道の表示、街道遺産の紹介、ルート図などのサイン整備への支援を進めてきました。

 これらにより、歴史街道構想を推進するための行政と住民等の協働体制が充実し、地域気運の高揚と各地域の特性を活かした実効性あるさまざまな取組の展開が進んでいます。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

歴史街道資産等を活用した地域づくりを進めるためには、地域住民が主体となって計画的・継続的に各種の事業を推進していく必要があり、そのためには、ネットワークづくり、情報発信などのうえで一層の支援を行っていく必要があります。

 さらに、各圏域内の取組の推進に加えて、圏域を越えた取組を発展させるためには、参画者相互、地域間相互の連携が不可欠であり、情報共有や交流等の強化のための取組を進める必要があります。

 また、歴史街道資産の保全・活用の推進のうえでは、景観形成やまちづくりを歴史・文化の視点で検証することが大切であり、保全・活用を促進するための制度の整備と住民参画を基本に取り組める効果的な仕組みづくりが重要です。

 

2002年度における構成する基本事業の成果達成見込み

基本事業名

担当チーム

成果達成見込み

戦略上の位置づけ

注力

改革方向

A 55301 地域別推進計画に基づく取組や県外との連携、情報発信等の推進

生活部文化振興チーム

順調

改善する

 

2003年度の取組方向

 

地域別推進計画に基づく地域での取組を住民・企業・団体等と行政が協働により一層推進するとともに、生活創造圏域を越えた取組についても、積極的に推進していきます。

さらに、歴史街道構想の全県的な取組(基本プロジェクト)と位置づけている「街道遺産・街道名物」の認定については、歴史的・文化的資産の保全・活用のための制度・仕組みづくりまで視野に入れながら制度構築とその推進を図ります。

 また、他府県等との連携については、近畿8府県等で構成する歴史街道推進協議会やその他の関係府県等とともに、相互連携を一層充実・強化できる効果的な取組を進めます。

 

2003年度 構成する基本事業間の戦略(注力、改革方向)

基本事業名

担当チーム

注力

総括マネージャーの方針・指示

基本事業の数値目標

目標値

達成状況

改革方向

実績値

A 55301 地域別推進計画に基づく取組や県外との連携、情報発信等の推進

生活部文化振興チーム

歴史資産等の保存、活用を進めるため、歴史資産等認定委員会をベースに、まちづくりや、行政の仕組みに組み込むよう努める。

イベント等開催数

125

 

抜本的に改革

 

 

 

主な事業

 

1 歴史街道ワーキング事業【基本事業名 55301 地域別推進計画に基づく取組や県外との連携、情報発信等の推進】

当初予算額: 7,177(千円)

事業概要:歴史文化や街道資産の魅力を活かした地域づくりを進めるため、各生活創造圏別に策定した「みえ歴史街道構想推進計画」に基づき、住民・団体・市町村・県などが協働で事業を展開していきます。

 

2 歴史街道基本プロジェクト推進事業【基本事業名 55301 地域別推進計画に基づく取組や県外との連携、情報発信等の推進】

当初予算額: 1,695(千円)

事業概要: みえ歴史街道構想を推進するため、全県的に展開すべき施策として提案されている、街道遺産・街道名物の認定などの基本プロジェクト事業を実施します。

またホームページにウォーキングマップの情報や地域の状況を掲載し、内容を充実するとともに全国に情報発信を行います。

 

3 歴史街道計画連携推進事業【基本事業名 55301 地域別推進計画に基づく取組や県外との連携、情報発信等の推進】

当初予算額: 685(千円)

事業概要: 関西の歴史街道推進協議会を中心に歴史街道計画メインルート伊勢~飛鳥ルートや熊野古道世界遺産登録に向けた取組などについて、関係市町村・県・企業・団体と協働してその実施に努めます。

 

4 歴史街道広域ルートウォーキング事業【基本事業名 55301 地域別推進計画に基づく取組や県外との連携、情報発信等の推進】

当初予算額: 1,918(千円)

事業概要: 地域内外住民との交流を促進するために、歴史街道交流ウォーキングイベントを実施するとともに、地域の文化財・史跡の活用を図るため、語り部講座や歴史街道講演会を実施する。

 

 


 

 戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034876