現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成16年度 >
  7.  2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表/13102多様なニーズに応じた、県民が「使う」文化環境づくり
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表

2004(平成16)年度 当初予算

基本事業目的評価表

 

基本事業名

 

13102多様なニーズに応じた、県民が「使う」文化環境づくり

 

 

評価者

 

生活部文化振興チーム 文化振興チームマネージャー 正福晴世

 

 

059-224-2176 shoufh00@pref.mie.jp

 

 

評価年月日

 

2003/11/25 17:13:23

 

 

政策体系上の位置づけ

 

 

 

 政策:文化・スポーツを通じた自己実現

 施策:131 文化が身近に感じられる環境づくり

 施策の数値目標:文化活動を活発に行っている人の割合

 

 

基本事業の目的

 

 

【誰、何が(対象)】

県民が

【抱える課題やニーズは】

「心豊かな生活」を実現するため、自ら文化に触れ親しむことで心の満足や生きがいを実現しようとする県民は増加しており、従来の質の高い芸術文化に限らず広く生活の中における文化を通じた活動に、県民が主体的に参加しやすく、活動のきっかけを得るような環境づくりが求められている

 という状態を

【どのような状態になることを狙っているのか(意図)】

多様な文化にふれ親しむことができる生活をおくっている

 という状態にします。

【その結果、どのような成果を実現したいのか(結果=施策の目的)】

県民一人ひとりが文化を通じた多様な活動や交流に自ら参加している

 

基本事業の数値目標、コスト、マネジメント参考指標

 

 

 

   

2001

 

2002

 

2003

 

2004

 

2006

 

県総合文化センターと県内文化施設の連携等による活動・事業数(事業)

[目標指標]

 

目標

 

   

5

 

10

 

20

 

実績

 

   

5

 

   

必要概算コスト(千円)

 

 

917,685

 

908,581

 

945,344

 

967,117

 

0

 

予算額等(千円)

 

 

810,330

 

781,959

 

792,895

 

914,670

 

 

概算人件費(千円)

 

 

107,355

 

126,622

 

152,449

 

52,447

 

0

 

所要時間(時間)

 

 

25,500

 

29,447

 

36,040

 

12,399

 

 

人件費単価(千円/時間)

 

 

4.21

 

4.30

 

4.23

 

4.23

 

 

必要概算コスト対前年度(千円)

 

   

-9,104

 

36,763

 

21,773

 

-967,117

 

鑑賞型事業入場率(%)

[マネジメント参考指標]

 

目標

 

   

83

 

84

 

85

 

実績

 

83

 

84

 

90

 

   

県民参加型事業参加者数(人)

[マネジメント参考指標]

 

目標

 

   

2000

 

2200

 

2500

 

実績

 

 

1936

 

1176

 

   

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

 

 

 

数値目標に関する説明・留意事項

 

 

三重県総合文化センターが、県内の他の文化施設や文化団体等と連携して実施した文化事業及び同センターを中心に実施した県民の文化芸術活動を支援するアウトリーチ活動の合計数を目標数値としました。

 

 

2004年度マネジメント参考指標

 

 

 

種類

 

マネジメント参考指標

 

数値目標の困難度

 

 

事業量

 

鑑賞型事業入場率

 

十分達成可能な目標

 

 

協働度

 

県民参加型事業参加者数

 

挑戦的な目標

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マネジメント参考指標に関する説明・留意事項

 

 

三重県文化会館が実施する鑑賞型事業の入場率を事業量の目標値とし、県民が参画して行う文化会館企画型事業数を協働度をはかる目標としました。

 

 

2003年度の取組内容

 

 

成果達成見込み 概ね順調

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

三重県文化会館において、その優れた設備機能を活かした芸術性の高い文化事業を重点的に実施するとともに、幅広いジャンルの公演を実施し、多くの県民に芸術文化に親しむ機会を提供しました。また、将来の地域文化の担い手を育成するため、県民参加による文化の人づくり事業を実施し、芸術文化の地域振興を進めました。

 三重県総合文化センター及び美術館、博物館を含めた津駅西ゾーンを総合文化拠点ゾーンとして構築すべく組織された「さん」プロジェクトグループでは、県民が「使う」文化施設づくりを目指して、三重県総合文化センターの運営の自立性を高めるための組織や財政などのシステム改革やゾーン内施設の一体性や複合機能をひきだすため連携共同事業の実施を進めました。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

三重県総合文化センターについては、「指定管理者」による管理運営を行うなど、経営システムの改革を引き続き実施するとともに、美術館、博物館を含めた津駅西ゾーンの総合文化拠点ゾーンとしての機能の充実についても、県民が主体的に「使う」施設へと転換させるため、ゾーン内施設の複合機能の発揮に向けた運営の仕組みを構築していく必要があります。

 

2004年度 施策から見たこの基本事業の取組方向

 

 

 

基本戦略での位置づけ

注力

 

改革方向

 

総括マネージャーの方針・指示

 

 

抜本的に改革

 

総合文化センターを中心としたアウトリーチ活動をさらに充実させて展開する。

 

 

2004年度の取組方向

 

 

県民が主体的に文化に触れ親しみ、心豊かで、様々な交流のある文化芸術の活動環境をつくるため、三重県総合文化センターではその「場」の活用のみでなく、その機能を施設外でも発揮させるため、「ジュニア管弦楽団」の育成など子どもたちやコミュニティ等への技術支援を行うなどアウトリーチ活動を充実します。

 また、県内の文化関連施設間の情報交流システムや共通の顧客情報管理システムを構築し、連携事業の新たな展開や総合的な情報提供ができる環境整備のための検討を行っていきます。

 

【総合行政の視点からの取組】

文化会館事業では、青少年の文化に触れる機会を提供し、青少年の健全育成と将来の文化を担う人材の育成のため、教育委員会と連携を取りながら、学生席の設定や学生の半額料金、演劇や音楽の講習会など参加しやすい環境づくりに努めると共に、展示事業では、美術館の専門性を活かすため、企画段階から共に事業を進めます。

 津駅西ゾーンにおける総合文化拠点の整備のため、教育委員会や総務局、今後文化芸術への大きなニーズが予想される福祉関連分野との密接な連携を行い、県民の誰もが主体的に文化芸術活動に取り組める環境づくりを行います。

 

構成する事務事業間の戦略(注力、改革方向)

 

(要求額:千円、所要時間:時間)

 

事務事業

 

要求額

 

対前年

 

所要時間

 

対前年

 

注力

 

改革方向

 

貢献度合

 

効果発現時期

 

事業概要

 

マネージャーの方針・指示

 

A 総合文化センター管理運営費(総務部・文化会館)

 

656,325

 

33,354

 

9,117

 

-9,613

 

 

現状維持

 

間接的

 

即効性

 

総合文化センターの管理運営を行う。

 

指定管理者制の導入を含め、効率的な運営を行う.

 

B PR事業

 

11,080

 

-2,769

 

2,672

 

-2,628

 

 

現状維持

 

間接的

 

中期的

 

総合文化センター各施設が主催する事業を多くの県民へ周知し参画を促進する。

 

総合文化センターの事業を広く県民に知っていただくため、幅広くインパクトのあるPRを行う.

 

C 総合文化センター舞台関連主設備計画修繕等事業費

 

105,299

 

-

 

200

 

-

 

 

改善する

 

間接的

 

即効性

 

総合文化センター開設後、10年を迎える中で、照明や床機構等の各種舞台装置が老朽化しており、計画的に改修等を行っていく。

 

県民が使いやすい、安全な施設を目指して計画的な整備を行う.

 

D アウトリーチ活動推進事業費

 

11,966

 

-

 

150

 

-

 

 

改善する

 

間接的

 

中期的

 

総合文化センターが中心となって、文化芸術に普段触れることの少ない県民に対して、他施設や地域社会の様々な主体と連携しながら、創造や文化芸術の素晴らしさを体験できるような文化事業を進めていく。

 

文化にふれる機会の少ない県民にも、文化にふれることによる心の豊かさを実感していただくため、アウトリーチ活動を積極的に推進する。

 

E 文化会館事業

 

90,000

 

-34,025

 

210

 

0

 

 

現状維持

 

間接的

 

中期的

 

県の芸術文化の振興と県民ニーズに応えるハイレベルで個性的な事業や、文化の人づくりを推進するため、(財)三重県文化振興事業団が実施する事業への支援を行う。

 

県民の多様なニーズに応えるため、幅広いジャンルの芸術性の高い公演及び県民参加型の文化の人づくり事業を実施する。

 

F 総合文化センタースタートアップ事業

 

40,000

 

-

 

50

 

-

 

 

抜本的に改革

 

間接的

 

中期的

 

総合文化センターの新たな役割を表明するためのきっかけとして総合文化センターを中心として、周辺文化施設が一体となり様々な事業を実施する。県民へ新たな価値を提供するともに、その成果を県内全体へ広げるためのスタートアップ事業として取り組み、その事業成果を地域と共有することで、県内文化施設のレベルアップを図る。

 

総合文化センターが地域や他の文化施設等と一体となった取組を行うためのきっかけづくりとしての事業を実施する。

 

 

 

休廃止する事務事業

 

 

事務事業名

 

理由

 

2003年度予算額

(千円)

 

2003年度所要時間

(時間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035016