現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成16年度 >
  7.  2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表/22402 畜産業を支える技術開発の推進
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表

2004(平成16)年度 当初予算

基本事業目的評価表

 

基本事業名

 

22402 畜産業を支える技術開発の推進

 

 

評価者

 

科学技術振興センター畜産研究部 部長 田上征夫

 

 

0598-42-2029 tagamy00@pref.mie.jp

 

 

評価年月日

 

03/12/17 18:32:34

 

 

政策体系上の位置づけ

 

 

 

 政策:安心を支える力強い農林水産業の振興

 施策:224農林水産業を支える技術開発

 施策の数値目標:県試験研究機関が開発した技術による農林水産物の作付面積・生産量等の伸び率

 

 

基本事業の目的

 

 

【誰、何が(対象)】

畜産業を支える技術が

【抱える課題やニーズは】

畜産物の国際競争、産地間競争ならびに消費者の価値観の多様化のなかで、生活者の嗜好の変化や本物志向への対応が必要である。そのため、安全・安心な畜産物を安定生産するための低コスト化技術開発、高品質化・高付加価値化技術の開発や安定かつ持続的生産を図る技術開発が求められている。

 という状態を

【どのような状態になることを狙っているのか(意図)】

開発され、技術移転されている。

 という状態にします。

【その結果、どのような成果を実現したいのか(結果=施策の目的)】

農林漁業者が開発された技術を有効利用して生産活動を行っている。

 

基本事業の数値目標、コスト、マネジメント参考指標

 

 

 

   

2001

 

2002

 

2003

 

2004

 

2006

 

畜産業を支える技術開発件数(件)

[目標指標]

 

目標

 

 

10

 

9

 

8

 

9

 

実績

 

10

 

8

 

8

 

   

必要概算コスト(千円)

 

 

148,593

 

149,659

 

167,014

 

176,694

 

0

 

予算額等(千円)

 

 

20,664

 

27,901

 

29,624

 

33,344

 

 

概算人件費(千円)

 

 

127,929

 

121,758

 

137,390

 

143,350

 

0

 

所要時間(時間)

 

 

30,387

 

28,316

 

32,480

 

33,889

 

 

人件費単価(千円/時間)

 

 

4.21

 

4.30

 

4.23

 

4.23

 

 

必要概算コスト対前年度(千円)

 

   

1,066

 

17,355

 

9,680

 

-176,694

 

試験研究課題数(課題)

[マネジメント参考指標]

 

目標

 

 

 

10

 

13

 

 

実績

 

 

 

11

 

   

学会発表件数(件)

[マネジメント参考指標]

 

目標

 

13

 

13

 

12

 

13

 

 

実績

 

13

 

13

 

8

 

   

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

 

 

 

数値目標に関する説明・留意事項

 

 

科学技術振興センターが、畜産業を支えるために開発し、生産者等へ公表した技術の件数。

2003年度の実績値は、2003年11月現在の見込み値です。

 

 

2004年度マネジメント参考指標

 

 

 

種類

 

マネジメント参考指標

 

数値目標の困難度

 

 

事業量

 

学会発表件数

 

十分達成可能な目標

 

 

協働度

 

試験研究課題数

 

十分達成可能な目標

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マネジメント参考指標に関する説明・留意事項

 

 

畜産業に関する技術開発をマネージメントするため、技術開発に関連する指標として、研究部の主要な活動に関する指標である試験研究課題数及び畜産業者や畜産関係団体さらに科学技術研究に係る諸団体との連携及び協働に関する参考指標として、各種学会等の発表件数を指標とします。

 

 

2003年度の取組内容

 

 

成果達成見込み 概ね順調

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

・省力的で低コストな飼料イネの生産・調製・利用技術、クローン技術を利用した高品質雌和牛の有効生産技術、ブランド牛肉のさらなる高品質化を進めるための脂質代謝の解明など、畜産業の振興に向けた技術開発に取組んでいます。

・採卵鶏農場における悪臭・衛生対策技術や豚糞の排泄量低減化技術など、環境保全に向けた技術開発に取組んでいます。

・無投薬飼育による地域特産鶏の生産技術や、カンキツ等未利用資源を活用した地域特産畜産物の開発など、健康・安全・安心を目指した研究開発に取組んでいます。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

開発した技術の現地での普及拡大を目指すとともに、新しい技術の特許等の権利化を進めます。さらに、開発した技術については、各種の機会をとらえ広報に努めます。

 

2004年度 施策から見たこの基本事業の取組方向

 

 

 

基本戦略での位置づけ

注力

 

改革方向

 

総括マネージャーの方針・指示

 

 

 

県産畜産物の産地間競争力を向上する技術の開発や無投薬飼育技術開発の他、畜産に伴う環境負荷低減のための研究など課題解決に取り組むこと

 

 

2004年度の取組方向

 

 

・畜産物に関する地域と消費者および生産現場のニーズを把握し、県内産飼料を用いた高品質畜産物の生産技術開発、優れた和牛肥育素牛の安定供給のために優良和牛の体細胞を用いたクローン牛の安定生産技術開発、消費者に「安全・安心な畜産物」を供給する抗菌剤を使用しない生産技術開発、微生物制御による畜舎の悪臭・衛生対策や環境負荷低減化技術など、環境保全技術の開発に取組みます。

 

【総合行政の視・_からの取組】

県民しあわせプランの重点プログラム事業を支援する関連研究及び科学技術振興センターの戦略に基く事業を積極的に推進し、食の安全安心確保の視点からは抗菌剤を使用しない畜産物の生産を、競争力のある三重県農林水産業の振興としては肉牛の産地間競争力の賦与に関する取組など、関係部局と連携して進めます。

 

構成する事務事業間の戦略(注力、改革方向)

 

(要求額:千円、所要時間:時間)

 

事務事業

 

要求額

 

対前年

 

所要時間

 

対前年

 

注力

 

改革方向

 

貢献度合

 

効果発現時期

 

事業概要

 

マネージャーの方針・指示

 

A 肉牛の産地間競争力の賦与技術の開発費

 

5,000

 

-

 

3,000

 

-

 

 

 

直接的

 

中期的

 

県内で生産される和牛枝肉の脂肪質を把握し、血統情報等との解析により悪い脂肪を生産する条件を特定する。それを排除することにより、枝肉の脂肪質を良質なものに揃え、県内生産和牛肉の評価を高め産地間競争力を増す。

 

新規課題として積極的に取組む。

 

B 食品廃棄物の家畜飼料リサイクル技術開発費(再掲)

 

2,655

 

-40

 

2,200

 

0

 

 

現状維持

 

直接的

 

即効性

 

食品廃棄物を家畜飼料に利用するための給与技術を開発するとともに、肉質に及ぼす影響を明らかにする。。

 

実用性を高め、技術の完成をめざす。

 

C 抗菌性物質無添加飼料給与による鶏肉・豚肉生産技術の研究(再掲)

 

3,000

 

-

 

2,480

 

-

 

 

 

直接的

 

中期的

 

抗菌性物質を使用しない管理方式により生産された鶏肉及び豚肉の生産技術を開発し、安全・安心な県内産鶏肉・豚肉を供給することで、県民に幸せな食生活を提供する。

 

新規課題として積極的に取組む。

 

D 畜産研究部県単経常試験研究費

 

19,758

 

10,202

 

23,381

 

14,641

 

 

現状維持

 

直接的

 

中期的

 

環境負荷低減のための豚糞排泄量低減技術、牛胚利用における効率的採胚技術、未利用資源活用による地域特産機能性畜産物の開発、高級和牛肉生産のための脂肪代謝の解明などの開発研究に取り組みます。

 

経営資源を効率的に活用して取組む。

 

E 畜産研究部国補経常試験研究費

 

 

-

 

 

-

 

 

 

直接的

 

中期的

 

 

研究成果を確認し廃止する。

 

F 微生物制御による採卵鶏農場における悪臭・衛生対策技術の確立

 

2,486

 

-372

 

3,860

 

110

 

 

現状維持

 

間接的

 

中期的

 

採卵鶏農場における悪臭及び粉塵を抑制する技術、並びに耕種農家の利用しやすい成分の安定した高窒素な鶏ふん堆肥を生産する技術を開発する。

 

実用性を高め、成果の完成を目指す。

 

G クロ-ン技術を利用した高品質雌和牛の有効生産技術開発

 

3,396

 

-508

 

1,550

 

-20

 

 

現状維持

 

間接的

 

長期的

 

体細胞クロ-ン牛の生産効率の向上につとめ、優良遺伝形質を有する「三重の顔」となるブランド肉牛の素牛を県内で効率良く誕生させる技術の研究を行う。

 

経営資源を効率的に活用して取組む。

 

H (対象外)畜産研究部委託試験研究費

 

2,704

 

2,104

 

2,098

 

-1,348

 

 

 

直接的

 

即効性

 

農林水産省農林水産技術会議のプロジェクト研究で(独)畜産草地研究所から再委託された指定課題「飼料イネのTMRロールベールサイレージ化による乳牛への給与技術の開発」について試験研究を実施する。

 

 

 

 

休廃止する事務事業

 

 

事務事業名

 

理由

 

2003年度予算額

(千円)

 

2003年度所要時間

(時間)

 

畜産研究部国補経常試験研究費

 

国の制度上の廃止

 

12,706

 

14,974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035039