現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成16年度 >
  7.  2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表/23102 戦略的な企業誘致
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表

2004(平成16)年度 当初予算

基本事業目的評価表

 

基本事業名

 

23102 戦略的な企業誘致

 

 

評価者

 

農林水産商工部 企業立地推進チーム マネージャー 藤本和弘

 

 

059-224-2819 @pref.mie.jp

 

 

評価年月日

 

2003/11/25 19:49:40

 

 

政策体系上の位置づけ

 

 

 

 政策:地域経済を支える戦略的な産業振興

 施策:231 自律的産業集積の推進

 施策の数値目標:製造品出荷額の全国順位

 

 

基本事業の目的

 

 

【誰、何が(対象)】

新たな成長が見込まれる分野の国内外の企業が

【抱える課題やニーズは】

経済情勢が厳しく、かつ、企業の海外進出が盛んな状況において、企業戦略として国内への工場立地を検討し、操業に相応しい場所を求めている

 という状態を

【どのような状態になることを狙っているのか(意図)】

産業集積の進展につながるように県内に新規立地あるいは増設を行っている

 という状態にします。

【その結果、どのような成果を実現したいのか(結果=施策の目的)】

時代を先導する産業分野の企業や意欲ある経営を行う事業者等が地域の特色を生かした自律的な産業集積を構築し、活発に事業を展開している

 

基本事業の数値目標、コスト、マネジメント参考指標

 

 

 

   

2001

 

2002

 

2003

 

2004

 

2006

 

県と立地協定を締結したバレー構想関連企業数(社)

[目標指標]

 

目標

 

   

 

 

 

実績

 

   

    2

 

   

必要概算コスト(千円)

 

 

1,449,348

 

1,252,700

 

1,307,438

 

4,155,054

 

0

 

予算額等(千円)

 

 

1,259,789

 

994,253

 

1,001,677

 

3,843,194

 

 

概算人件費(千円)

 

 

189,559

 

258,447

 

305,761

 

311,860

 

0

 

所要時間(時間)

 

 

45,026

 

60,104

 

72,284

 

73,726

 

 

人件費単価(千円/時間)

 

 

4.21

 

4.30

 

4.23

 

4.23

 

 

必要概算コスト対前年度(千円)

 

   

-196,648

 

54,738

 

2,847,616

 

-4,155,054

 

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

 

 

 

数値目標に関する説明・留意事項

 

 

本県の企業誘致戦略であるバレー構想に基づき県が主体となって誘致した企業数を事業の成果とし、これまでの誘致実績をもとに高い目標値を設定しました。

 

 

 

2004年度マネジメント参考指標

 

 

 

種類

 

マネジメント参考指標

 

数値目標の困難度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マネジメント参考指標に関する説明・留意事項

 

 

 

 

2003年度の取組内容

 

 

成果達成見込み 概ね順調

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

少ない国内投資機会を企業訪問活動などを通じて、効果的に三重県内に誘致してきた。

上期の立地動向では面積で全国1位を達成した。件数では14件で昨年1年分を半期で達成した。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

厳しい経済情勢と国内製造業の空洞化を背景にして、造成済み分譲中の工業団地が多数あることから一層の分譲活動が望まれる。

 

2004年度 施策から見たこの基本事業の取組方向

 

 

 

基本戦略での位置づけ

注力

 

改革方向

 

総括マネージャーの方針・指示

 

 

 

雇用の場の確保をか図るため、バレー構想による企業誘致を努めること。

 

 

2004年度の取組方向

 

 

効率的、効果的な企業誘致活動を展開するため、東京での情報受発信活動の強化を図るため、三重県東京事務所と一層緊密な連携を図り企業誘致活動に取り組む。また、企業が三重県に立地しやすいように、インセンティブの強化を検討する。

 

【総合行政の視点からの取組】

いざ三重県に工場立地する機会を捉えたならば、関係機関が連携してスムーズな県内立地を実現させる。そのため、三重県企業立地推進本部を再編強化する。

 

構成する事務事業間の戦略(注力、改革方向)

 

(要求額:千円、所要時間:時間)

 

事務事業

 

要求額

 

対前年

 

所要時間

 

対前年

 

注力

 

改革方向

 

貢献度合

 

効果発現時期

 

事業概要

 

マネージャーの方針・指示

 

A 産業集積促進補助金

 

3,000,000

 

-

 

500

 

-

 

 

 

 

 

情報通信関連産業の集積の核となる企業の新規立地に対して補助を行うことにより、さらなる集積による県内経済の活性化及び雇用の機会の確保を図る。

 

 

B 企業立地推進事業

 

16,760

 

2,381

 

8,000

 

130

 

 

 

 

 

国内外の企業に対して訪問活動を行うとともに、企業誘致活動に必要な資料作成、研修会の開催を行います。また、企業立地関係団体の活動にも参加します。

 

 

C 企業情報活動拠点費

 

11,647

 

-5,826

 

11,600

 

-3,600

 

 

 

 

 

国内企業の本社が集中する東京及び大阪を中心に東日本、西日本において企業誘致活動を展開します。

 

 

D 立地企業誘置活動事業

 

495

 

-25

 

7,900

 

5,060

 

 

 

 

 

各県民局で企業訪問や工場立地法に基づく各種届出書類を受理します。

 

 

E バレー構想等推進事業

 

7,610

 

-1,125

 

6,600

 

1,940

 

 

 

 

 

各バレー構想にかかる戦略等を明確化・具体化するとともに、バレー構想を広く国内外の企業へPRします。

 

 

F クリスタルバレー構想推進プロジェクト事業

 

37,406

 

-10,369

 

4,500

 

-5,000

 

 

 

 

 

クリスタルバレー構想を推進するにあたっては、外発的な企業誘致はもとより、内発的な産業発展にも力点を置いた産業政策として取り組む必要がある。そのため、大規模展示会等におけるクリスタルバレー構想の情報発信、ディスプレイ産業フォーラム等によるFPD(フラットパネルディスプレイ)関連ネットワーク構築の推進、県内中小企業と大学の共同研究・技術開発の支援等を行う。

 

 

G 企業立地促進補助事業

 

18,366

 

-6,634

 

1,000

 

720

 

 

 

 

 

バレー構想関連企業や生産額が大きく大型の雇用が見込まれる分野の企業等、将来的な成長が期待される分野に属する企業などの新増設に対して補助を行うことで、県内への工場立地や産業集積を促進し、雇用の創出、地域経済の活性化を図ります。

 

 

H 工業立地促進資金貸付金

 

602,427

 

-125,934

 

216

 

0

 

 

 

 

 

本県に立地しようとする企業に対して資金を融資することにより立地の促進を図ります。

 

 

I メディカルバレー推進事業

 

64,900

 

-4,508

 

22,100

 

52

 

 

 

 

 

医療・健康・福祉産業の創出と集積を目的に、医療・健康・福祉産業振興計画(メディカルバレー構想)に基づき、産学官民連携や研究開発の促進、人材育成・確保などの事業を県内産学官民関係組織と協働して行っていきます。

 

 

J 東紀州インキュベーションバレー整備事業補助金

 

0

 

0

 

10

 

-20

 

 

 

 

 

東紀州の市町村等が工業用地の整備を行う場合に、これを補助します。

 

 

K 工場立地受け皿調査費

 

4,681

 

2,190

 

2,000

 

1,360

 

 

 

 

 

県内の工業用地候補地の調査、検討を行います。

 

 

L メディカルバレー構想新機軸展開事業

 

78,902

 

-8,633

 

9,300

 

300

 

 

 

 

 

メディカルバレー構想の基盤整備の推進(メディカルバレー推進事業)に加え、新たに「臨床治験体制構築」、「天然資源活用型バイオ産業創出」、「フラットパネルディスプレイ産業連携研究開発」の3つの機軸からなる新機軸展開事業を行います。本事業により本県のポテンシャルを飛躍的に高め、更なる関連産業の創出、集積を起こします。

 

 

 

 

休廃止する事務事業

 

 

事務事業名

 

理由

 

2003年度予算額

(千円)

 

2003年度所要時間

(時間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035043