現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成16年度 >
  7.  2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表/34203 臓器移植・骨髄バンク等の推進
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表

2004(平成16)年度 当初予算

基本事業目的評価表

 

基本事業名

 

34203 臓器移植・骨髄バンク等の推進

 

 

評価者

 

健康福祉部医療チーム マネージャー 小川裕之

 

 

059-224-2337 ogawah03@pref.mie.jp

 

 

評価年月日

 

2003/11/25 17:04:03

 

 

政策体系上の位置づけ

 

 

 

 政策:安心を支える医療・福祉の推進

 施策:342 多様化する疾病への対応

 施策の数値目標:県内におけるがん死亡率(人口10万人あたり)

 

 

基本事業の目的

 

 

【誰、何が(対象)】

県民一人ひとりが

【抱える課題やニーズは】

臓器移植

臓器移植についての理解が不十分である。

骨髄バンク

・ 骨髄バンクの治療には、全国で30万人の骨髄バンクドナー登録者が必要であり、それに見合う県の目標は4,200名である。

・ 骨髄バンクドナー登録者の増加にともない、患者との適合率も高まり移植例も増加するので、移植施設を充実させる必要がある。

 という状態を

【どのような状態になることを狙っているのか(意図)】

ドナー登録・臓器移植について理解、協力している

 という状態にします。

【その結果、どのような成果を実現したいのか(結果=施策の目的)】

県民一人ひとりが多様化する疾病を予防したり、必要な治療を受けている

 

基本事業の数値目標、コスト、マネジメント参考指標

 

 

 

   

2001

 

2002

 

2003

 

2004

 

2006

 

県内ドナー登録者数(人)

[目標指標]

 

目標

 

2300

 

2550

 

2800

 

3000

 

3400

 

実績

 

2296

 

2528

 

2640

 

   

必要概算コスト(千円)

 

 

75,782

 

58,774

 

69,689

 

23,129

 

0

 

予算額等(千円)

 

 

27,788

 

20,526

 

21,044

 

8,324

 

 

概算人件費(千円)

 

 

47,994

 

38,248

 

48,645

 

14,805

 

0

 

所要時間(時間)

 

 

11,400

 

8,895

 

11,500

 

3,500

 

 

人件費単価(千円/時間)

 

 

4.21

 

4.30

 

4.23

 

4.23

 

 

必要概算コスト対前年度(千円)

 

   

-17,008

 

10,915

 

-46,560

 

-23,129

 

ボランティア団体との連絡協議会の開催回数(回)

[マネジメント参考指標]

 

目標

 

4

 

4

 

4

 

4

 

4

 

実績

 

2

 

2

 

     

臨時ドナー登録受付の実施回数(回)

[マネジメント参考指標]

 

目標

 

40

 

50

 

60

 

60

 

60

 

実績

 

36

 

40

 

     

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

 

 

 

数値目標に関する説明・留意事項

 

 

県内における骨髄バンクドナー登録者数(人)

 

 

2004年度マネジメント参考指標

 

 

 

種類

 

マネジメント参考指標

 

数値目標の困難度

 

 

協働度

 

ボランティア団体との連絡協議会の開催回数

 

挑戦的な目標

 

 

事業量

 

臨時ドナー登録受付の実施回数

 

挑戦的な目標

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マネジメント参考指標に関する説明・留意事項

 

 

・ボランティア団体(勇気の会)との連絡協議会の開催回数

・各保健福祉部、ボランティア団体(勇気の会)等が行う臨時ドナー登録受付の実施回数

 

 

2003年度の取組内容

 

 

成果達成見込み 概ね順調

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

臓器移植

・県民に臓器移植の正しい知識の普及啓発を行うとともに、提供意志表示カードを配付しました。

・病院、消防本部等関係機関の連携を深めるため、連絡会議を開催しました。

・三重県角膜・腎臓バンク協会に助成しました。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

臓器移植

・臓器提供可能時の意志確認方法(身内の理解が得られるか。)

骨髄バンク

・ 8保健福祉部における骨髄バンクドナー登録受付窓口の普及啓発

 

2004年度 施策から見たこの基本事業の取組方向

 

 

 

基本戦略での位置づけ

注力

 

改革方向

 

総括マネージャーの方針・指示

 

 

現状維持

 

啓発活動を進めること

関係者・機関への協力と理解を求めていくこと

 

 

2004年度の取組方向

 

 

臓器移植

・意志表示カードの配付を行い、理解者を増やすとともに、関係医療機関の理解と強力を求めていきます。

骨髄バンク

・ 8保健福祉部における骨髄バンクドナー登録受付窓口を普及啓発します。

・ 骨髄バンク休日及び献血時のドナー登録受付の実施します。

・ 骨髄バンク推進月間で骨髄バンク事業の普及啓発します。

 

【総合行政の視点からの取組】

 

 

構成する事務事業間の戦略(注力、改革方向)

 

(要求額:千円、所要時間:時間)

 

事務事業

 

要求額

 

対前年

 

所要時間

 

対前年

 

注力

 

改革方向

 

貢献度合

 

効果発現時期

 

事業概要

 

マネージャーの方針・指示

 

A 骨髄バンク事業

 

1,917

 

-475

 

2,000

 

-500

 

 

現状維持

 

直接的

 

即効性

 

骨髄バンクに関する正しい知識の普及啓発を図り、骨髄バンクドナー(骨髄提供希望者)登録を推進する。

 

骨髄バンクドナー登録者確保のため、啓発等をさらに推進すること

 

B 臓器移植対策事業

 

6,407

 

-4,595

 

1,500

 

-100

 

 

現状維持

 

直接的

 

即効性

 

視力障害、腎不全等で悩む人たちが、1人でも多く移植手術が受けられる体制を整備するため、その事務を行う(財)三重県角膜・腎臓バンク協会に対し助成を行い、事業の円滑な推進を図る。また、臓器移植コーディネーター設置に対する助成や、県民に対する普及啓発事業を実施する。

 

県民に対する普及啓発を推進すること

 

 

 

休廃止する事務事業

 

 

事務事業名

 

理由

 

2003年度予算額

(千円)

 

2003年度所要時間

(時間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035106