現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成16年度 >
  7.  2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表/42101 多様な自然環境の保全
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表

2004(平成16)年度 当初予算

基本事業目的評価表

 

基本事業名

 

42101 多様な自然環境の保全

 

 

評価者

 

環境部人と自然の環境共生チーム マネージャー 渡辺博史

 

 

059-224-5909 watanh02@pref.mie.jp

 

 

評価年月日

 

2003/11/21 21:27:29

 

 

政策体系上の位置づけ

 

 

 

 政策:自然との共生の確保

 施策:421 自然環境の保全・再生と活用

 施策の数値目標:多様な自然環境の保全面積

 

 

基本事業の目的

 

 

【誰、何が(対象)】

多様な自然環境が

【抱える課題やニーズは】

県民の自然環境に対する認識の高まりとともに、自然とのふれあいに対する県民のニーズが大きくなるとともに、自然環境保護等の自発的な活動も増えてきています。

という状態を

【どのような状態になることを狙っているのか(意図)】

保全されている

という状態にします。

【その結果、どのような成果を実現したいのか(結果=施策の目的)】

自然環境が地域の自然的社会的条件に応じて保全・再生・活用されている

 

基本事業の数値目標、コスト、マネジメント参考指標

 

 

 

   

2001

 

2002

 

2003

 

2004

 

2006

 

里地里山保全活動計画認定団体およびみんなで自然を守る活動認証団体数(団体)

[目標指標]

 

目標

 

   

8

 

15

 

30

 

実績

 

         

必要概算コスト(千円)

 

 

55,837

 

51,231

 

127,383

 

109,146

 

0

 

予算額等(千円)

 

 

21,404

 

12,153

 

45,618

 

33,006

 

 

概算人件費(千円)

 

 

34,433

 

39,078

 

81,765

 

76,140

 

0

 

所要時間(時間)

 

 

8,179

 

9,088

 

19,330

 

18,000

 

 

人件費単価(千円/時間)

 

 

4.21

 

4.30

 

4.23

 

4.23

 

 

必要概算コスト対前年度(千円)

 

   

-4,606

 

76,152

 

-18,237

 

-109,146

 

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

 

 /p>

 

数値目標に関する説明・留意事項

 

 

多様な自然環境を保全するために、里山などの身近な自然の保全活動を促進する目標として「里地里山保全活動計画」及び「みんなで自然を守る活動」の認定・認証団体件数(累計)を設定しています。

 

 

2004年度マネジメント参考指標

 

 

 

種類

 

マネジメント参考指標

 

数値目標の困難度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マネジメント参考指標に関する説明・留意事項

 

 

 

 

2003年度の取組内容

 

 

成果達成見込み 概ね順調

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

身近な自然環境の保全や生物の多様性の確保など新たな課題に取り組むため、三重県自然環境保全条例の改正をしました。

また、各種開発事業における環境配慮を確保するため、「三重県環境影響評価条例」の的確な運用及び三重県環境調整システムによる公共事業の計画段階からの環境配慮を行っています。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

県民の自然環境に対する認識の高まりとともに、身近な自然、特に、干潟や里山などの自然についてもその大切さが見直され、地域の人々が主体となった保全が必要となるとともに、開発等における自然環境への配慮がより一層求められるようになってきました。今後は、「三重県自然環境保全条例」を踏まえ、原生的な自然の保護だけでなく、山から海に至る身近な自然についても、積極的に保全するなど、従来の枠を越えた積極的な施策展開を図る必要があり、持続可能な社会づくりの視点からも、多様な自然が保全される施策を強く打ち出していく必要があります。

このため、県民、事業者、行政の協働での取組みを進める多様な施策を展開する必要があります。

 

2004年度 施策から見たこの基本事業の取組方向

 

 

 

基本戦略での位置づけ

注力

 

改革方向

 

総括マネージャーの方針・指示

 

 

改善する

 

豊かな自然環境の保全・回復・創出を目指すこと。

 

 

2004年度の取組方向

 

 

希少野生動植物の生息情報など、さまざまな自然環境情報を整備・発信し、県民との情報共有を進めていきます。

県民、企業、行政の協働を進め、身近な自然を守る活動を促進するため、里地里山保全活動計画の認定制度や自然を守る活動認証事業などにより、自然を守る地域の活動を支援します。また、里山保全活動等を行うリーダー養成や自然を守る活動をすすめるボランティアの連携を図ります。

 

【総合行政の視点からの取組】

身近な自然への取組みには、市民活動や自然環境学習など県民の様々な活動が関係してきます。このため、NPOや学校等の関係行政機関との連携を進めます。

三重県自然環境保全条例の的確な施行について、関係部局と調整し協力を進めます。

 

構成する事務事業間の戦略(注力、改革方向)

 

(要求額:千円、所要時間:時間)

 

事務事業

 

要求額

 

対前年

 

所要時間

 

対前年

 

注力

 

改革方向

 

貢献度合

 

効果発現時期

 

事業概要

 

マネージャーの方針・指示

 

" A 自然環境保全対策事業費

 

2,973

 

-3,026

 

5,000

 

1,000

 

 

 

 

 

すぐれた自然環境の有する地域を将来にわたって保全するため、県内4箇所の自然環境保全地域の保全を図るとともに、新たな自然環境保全地域の指定の検討を進めます。また、開発行為の届出制度を適正に運用し、開発行為に際して自然環境への配慮を確保するとともに、身近な自然環境を保全するため、里地里山保全活動計画に基づく活動を支援します。

 

 

B 緑化推進費

 

5,987

 

177

 

1,000

 

0

 

 

 

 

 

県民参加の緑化活動の促進を図るとともに、宝くじ協会の事業を活用した公共施設の緑化を進め、緑豊かな環境形成を図ります。

 

 

C 自然との共生推進事業

 

24,046

 

-8,544

 

12,000

 

670

 

 

 

 

 

県内における保全すべき希少野生動植物種や重要な生息地を明らかにし、県民と自然環境情報を共有することにより、県民の自発的な自然環境保全行動を促進し、人と自然が共生できる地域環境づくりをすすめます。

 

 

 

 

休廃止する事務事業

 

 

事務事業名

 

理由

 

2003年度予算額

(千円)

 

2003年度所要時間

(時間)

 

自然環境保全条例改正事業費

 

事業完了による廃止。

 

3,657

 

5,862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035133