現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成16年度 >
  7.  2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表/42103 自然とのふれあいの確保
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

2004(平成16)年度 当初予算 基本事業目的評価表

2004(平成16)年度 当初予算

基本事業目的評価表

 

基本事業名

 

42103 自然とのふれあいの確保

 

 

評価者

 

環境部人と自然の環境共生チーム マネージャー 渡辺博史

 

 

059-224-5909 watanh02@pref.mie.jp

 

 

評価年月日

 

2003/11/21 21:31:10

 

 

政策体系上の位置づけ

 

 

 

 政策:自然との共生の確保

 施策:421 自然環境の保全・再生と活用

 施策の数値目標:多様な自然環境の保全面積

 

 

基本事業の目的

 

 

【誰、何が(対象)】

自然とふれあう場や機会が

【抱える課題やニーズは】

都市のスプロール化による身近な自然の減少やライフスタイルの変化に伴う余暇時間の増加により、豊かな自然の保全やふれあいの場の確保への声が高まっています。

 という状態を

【どのような状態になることを狙っているのか(意図)】

確保されている

 

【その結果、どのような成果を実現したいのか(結果=施策の目的)】

自然環境が地域の自然的社会的条件に応じて保全・再生・活用されている

 

基本事業の数値目標、コスト、マネジメント参考指標

 

 

 

   

2001

 

2002

 

2003

 

2004

 

2006

 

自然とのふれあいの場の満足度(%)

[目標指標]

 

目標

 

 

60.0

 

61.0

 

62.0

 

64.0

 

実績

 

58.8

 

59.4

 

     

必要概算コスト(千円)

 

 

585,409

 

362,689

 

315,013

 

313,659

 

0

 

予算額等(千円)

 

 

459,703

 

304,248

 

236,335

 

235,066

 

 

概算人件費(千円)

 

 

125,706

 

58,441

 

78,678

 

78,593

 

0

 

所要時間(時間)

 

 

29,859

 

13,591

 

18,600

 

18,580

 

 

人件費単価(千円/時間)

 

 

4.21

 

4.30

 

4.23

 

4.23

 

 

必要概算コスト対前年度(千円)

 

   

-222,720

 

-47,676

 

-1,354

 

-313,659

 

県立自然公園の特別地域指定箇所数(箇所)

[マネジメント参考指標]

 

目標

 

 

1

 

1

 

2

 

 

実績

 

1

 

1

 

     

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

[マネジメント参考指標]

 

           

 

 

 

数値目標に関する説明・留意事項

 

 

自然公園内の施設などにおける人と自然のふれあいの場の整備状況についての県民の満足度

 

 

2004年度マネジメント参考指標

 

 

 

種類

 

マネジメント参考指標

 

数値目標の困難度

 

 

協働度

 

県立自然公園の特別地域指定箇所数

 

挑戦的な目標

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マネジメント参考指標に関する説明・留意事項

 

 

 

 

2003年度の取組内容

 

 

成果達成見込み 概ね順調

【これまでの取組内容と成果(見込み)、成果を得られた要因と考えられること】

県民が豊かな自然に親しみ、ふれあう機会の増大を図るため、二見町の音無山園地、飯高町の泰運寺園地等で歩道、トイレ、休憩所などの自然とふれあう場の整備を進めています。また、東海自然歩道、近畿自然歩道について歩道の補修、標識の設置等の整備に取り組んでいます。

また、三重県民の森や上野森林公園については、自然観察やネイチャークラフトなどの自然とふれあう機会の提供により、県民の利用の増加に取り組んでいます。

 

【翌年度以降に残る(見込みの)課題、その要因と考えられること】

豊かな自然の保全やふれあいの場の計画的整備を行うとともに、整備にあたっては、ライフスタイルの変化に合ったユニバーサルデザイン化や自然環境への配慮、自然エネルギーの活用など、新たな視点からの整備手法の確立が課題です。

景観等の保全に対する県民の意識が高まっており、整備にあたっては特にすぐれた景観の保全に配慮していく必要があります。

また、三重県民の森や上野森林公園の利用の一層の増進を図っていく必要があります。

 

2004年度 施策から見たこの基本事業の取組方向

 

 

 

基本戦略での位置づけ

注力

 

改革方向

 

総括マネージャーの方針・指示

 

 

改善する

 

県民の誰もが身近に楽しく自然とふれあうことの出来る場の整備とこれらの場の情報発信の充実を図ること。

 

 

2004年度の取組方向

 

 

良好な自然とのふれあいができる自然公園地域内における園地、遊歩道、休憩所等の施設整備にあっては、地域特性を活かし、景観等の自然との調和に配慮して進めます。また、登茂山園地や近畿自然歩道などの県が整備した自然公園利用施設の適正な管理を継続します。

 三重県民の森及び上野森林公園については、施設の適正な管理を継続するとともに、県民参加の運営組織を創設し、利用の増進を図ります。

 

【総合行政の視点からの取組】

情報発信や利活用をすすめる観点から、生活部、健康福祉部、農林水産商工部等との連携を進めます。

 

構成する事務事業間の戦略(注力、改革方向)

 

(要求額:千円、所要時間:時間)

 

事務事業

 

要求額

 

対前年

 

所要時間

 

対前年

 

注力

 

改革方向

 

貢献度合

 

効果発現時期

 

事業概要

 

マネージャーの方針・指示

 

A 自然公園利用促進事業費

 

30,456

 

647

 

1,900

 

0

 

 

 

 

 

すぐれた自然の風景地を県民の資産として継承するため、自然公園の保護及び利用の適正化を促進します。

 

 

B 自然公園等利用施設整備事業費

 

142,900

 

0>

 

3,500

 

0

 

 

 

 

 

国立公園、国定公園等の園地等で歩道の新設・改良、公衆便所・休憩所等を整備し、利用者の適正かつ安全な利用を促進します。

 

 

C 県単自然公園等利用施設整備事業費

 

10,000

 

-300

 

680

 

-20

 

 

 

 

 

国立公園、国定公園等の小規模な歩道、園地の改良など国庫補助事業の対象とならない施設整備を行い、利用者の適正かつ安全な利用を促進します。

 

 

D 温泉法施行費

 

1,588

 

-37

 

3,200

 

0

 

 

 

 

 

温泉法に基づき温泉の保護と利用の適正化を図り、公共の福祉の向上に寄与します。

 

 

E 森林公園利用促進事業費

 

50,122

 

-1,579

 

9,300

 

0

 

 

 

 

 

自然観察、森林浴等県民の野外レクリエーション活動の拠点として、「三重県民の森」及び「上野森林公園」の適正な維持管理を行うとともに、利用の増進を図ります。

 

 

 

 

休廃止する事務事業

 

 

事務事業名

 

理由

 

2003年度予算額

(千円)

 

2003年度所要時間

(時間)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035135