現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 平成16年度 >
  6. 平成16年度当初予算(一般会計)のポイント >
  7.  みえの元気づくり
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

みえの元気づくり

 

重点プログラムの主な事業

-実施するプログラムと主な事業-
<元気> 計 平成16年度当初予算    3,022百万円

        3カ年の総予定事業費    8,672百万円
◆ みえの元気づくり
  県全体の「元気」の源である、「人」と「産業」の元気づくりを行います。
 
元気1 若年者雇用支援プログラム (7事業)

  (平成16年度予算額:218百万円 3カ年の総予定事業規模: 633百万円)
 (新規)
  産業人材育成事業(生活部)           107,872千円

  県内大学、民間人材ビジネス会社、職業訓練機関、経済団体等と連携しながら、若年未就職者を対象として、教育訓練から就職までを一貫して支援するシステムを整備・運営します。
 
元気2 中高年者雇用・安定プログラム (5事業)

 (平成16年度予算額:217百万円 3カ年の総予定事業規模: 635百万円)

  短期職場実践訓練事業(生活部)    104,688千円

  失業者(雇用保険失業給付を受給中の者は除く)が、従業員を募集中の県内企業等で短期間に実際の仕事の訓練を受けることにより、雇用者と被雇用者双方が納得のうえで就職できるよう支援し、雇用のミスマッチ解消を図ります。
 
元気3 基礎・基本の学力定着プログラム (8事業)

 (平成16年度予算額:1,037百万円 3カ年の総予定事業規模:3,199百万円)
 (一部新規)
  30人学級等少人数教育推進事業(教育委員会)      918,385千円

  小学校低学年である1年生に加えて、2年生でも、30人を基準とした学級編制(下限25人)を実施し、児童一人ひとりに応じたきめ細かくいきとどいた教育を行うことにより、基本的生活習慣や基礎・基本の学力の定着をより確実なものとします。

  また、児童生徒一人ひとりの実態や各学校の課題に応じたきめ細かな少人数教育を支援するため、非常勤講師を配置します。
 
元気4 戦略的な企業誘致推進プログラム (1事業)

 (平成16年度予算額: 74百万円 3カ年の総予定事業規模: 111百万円)

 企業立地促進補助事業(農水商工部)(旧・農林水産商工部)  74,366千円

 バレー構想関連産業等の将来的な成長が期待される分野に属する工場や、企業の研究開発施設の新増設などに対して補助を行うことで、県内への立地や設備投資を誘導し、雇用創出(確保)、地域経済の活性化、並びに産業の高度化を図ります。
 
元気5 中小企業支援プログラム (6事業)

 (平成16年度予算額:459百万円 3カ年の総予定事業規模:1,561百万円)

 中小企業金融対策事業(農水商工部)(旧・農林水産商工部)       261,873千円

 民間金融機関の協力のもと、低利融資制度の充実や三重県信用保証協会の信用補完機能の強化などにより中小企業の金融の円滑化を促し、地域の経済と雇用を支える中小企業の活性化を図ります。
 
元気6 地産地消定着による地域産業活性化プログラム (10事業)

 (平成16年度予算額:132百万円 3カ年の総予定事業規模: 341百万円)
 (新規)
  地域が支持する農林水産経営育成事業(農水商工部)(旧・農林水産商工部) 13,149千円
 
 農林水産業が、多面的機能の発揮により地域・県民と深く結びついていることを明らかにし、これを評価した地域・県民が優れた経営を支援するため、多面的機能の評価システムを構築し、地産地消による農林水産業の活性化を進めます。
 
元気7 競争力のある三重の農林水産物創出プログラム (6事業)

 (平成16年度予算額:357百万円 3カ年の総予定事業規模: 826百万円)
 (新規)
  「三重の顔」商品力強化支援事業(農水商工部)(旧・農林水産商工部)   26,900千円

 「三重の顔」やその候補品目の中で、意欲的な生産者や団体等が自ら策定した「産地構造改革プログラム」の実践を支援し、産地間競争に負けない競争力のある農林水産物を育てます。 
 
元気8 自律的産業集積基盤の整備推進プログラム (5事業)

 (平成16年度予算額:527百万円 3カ年の総予定事業規模: 1,366百万円)
 (一部新規)
   燃料電池実証試験等を活用したモデル地域づくり事業(農水商工部)(旧・農林水産商工部)
                                            246,072千円
                  
 燃料電池の素材・部材を供給する四日市臨海部工業地帯を中心とする企業群とそれを活用する周辺の加工組立産業との連携を通じて燃料電池関連等の自律的な産業集積を進めるため、実証試験への支援、情報発信、情報収集や普及啓発を行います。              
 
 
前へ/次へ(みえのくらしづくり)
   

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034913