現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 県議会に関すること >
  5. 知事提案説明 >
  6.  令和2年三重県議会定例会 知事提案説明(追加提案・その15)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

令和2年三重県議会定例会 知事提案説明(追加提案・その15)

 ただいま上程されました補正予算7件、条例案3件、合わせて10件の議案について、その概要を説明いたします。
 
 議案第186号から第192号までの補正予算は、人事委員会勧告に 基づく給与改定に伴う人件費について、それぞれ補正を行うもので、各会計の補正額は、一般会計で5,680万3千円、特別会計で366万円、企業会計で1,126万3千円をそれぞれ減額するものです。
 
 まず、一般会計についてその概要を説明いたします。
 歳入の主なものとして、国庫支出金について、義務教育費負担金で5,644万円を減額しています。
 歳出では、人事委員会の給与改定に関する勧告に鑑み、人件費で5億1,667万6千円を減額する一方で、人件費の減額補正に伴う県費減額分を 財政調整基金に積み立てるため、積立金として4億6,412万1千円を増額しています。
 
 次に、特別会計及び企業会計について、説明いたします。
 特別会計では、子ども心身発達医療センター事業特別会計で366万円を減額しています。また、企業会計では、病院事業会計で638万 7千円、水道事業会計で249万4千円、工業用水道事業会計で164万 4千円、電気事業会計で35万2千円、流域下水道事業会計で38万6千円をそれぞれ減額しています。
 
 以上で補正予算の説明を終わり、引き続き条例案について説明いたします。
 議案第193号は、特別職に属する国家公務員の期末手当の支給割合等に 鑑み、特別職に属する職員の期末手当の支給割合の改正を行うものです。
 議案第194号及び第195号は、人事委員会の議会及び知事に対する令和 2年11月9日付けの給与改定に関する勧告等に鑑み、所要の改正を行うものです。
 
 以上をもちまして提案の説明を終わります。
 なにとぞ、よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000244911