現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 農業改良普及センター >
  5. 中央農業改良普及センター >
  6. 普及情報等 >
  7.  平成29年8月普及現地情報
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 中央農業改良普及センター  >
  4.  普及企画室(企画情報課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

農業普及現地情報

GAP研修会入門編の開催について(平成29年8月普及現地情報)

松阪地域農業改良普及センター

)()
 松阪地域農業振興協議会では、8月10日(木)に松阪庁舎大会議室で「GAP研修会入門編~制度概要と事例紹介~」を開催しました。
 初めに中央農業改良普及センター 鈴木啓史農業革新支援専門員から「GAPの制度概要と推進方針について」として、GAPとは、GAP制度について、GAP認証取得に向けての流れ等についてお話をいただきました。その後、有限会社ヤマキ高橋製茶園 代表取締役 髙橋徹氏から「GAP認証 事例紹介」として、きっかけ、着手したこと、苦労したこと、GAP認証を取得してのメリット等について「まず自社に合ったやり方でマニュアルをつくることが大切」「GAPに取り組んで信用が高まった」など具体的な事例を交えてわかりやすくご講演いただきました。当日は、生産者、関係者あわせて約90名が参加しました。
 アンケートに協力いただいた農業者55名のうち、4%が「GAPに既に取り組んでいる」、64%が「GAPに取り組みたい」、20%は「取組を考えていない」との回答でした。研修会全体の感想については、「わかりやすい話でよかった」「GAP導入にあたりJAが主体となっての指導が今後必要では」等の意見が出されました。また今後研修で取り上げてほしいテーマとして「更に次のステップの勉強会を期待する」「米・麦・大豆の農業者で取得した体験談を聞きたい」「畜産用GAPの情報提供をお願いしたい」「農業における労働安全衛生に関する取組方策」などがあげられました。
 JAでもGAPに関する相談に対応できるよう研修会を開催する動きもあり、普及センターでは、今後、関係機関と連携してGAPに取り組む生産者の支援を行っていきます。


          
  
 




 
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 中央農業改良普及センター 普及企画室(企画情報課) 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6716 
ファクス番号:0598-42-7762 
メールアドレス:fukyuc@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000207416