現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 国勢調査 >
  6. 平成17年国勢調査 >
  7.  市町村別人口
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  人口統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

市町村別人口

前へ次へ

人口

平成17年10月1日現在の三重県の人口を市町村別にみると、四日市市が303,845人で最も多く、次いで鈴鹿市193,114人、松阪市168,973人、津市165,182人、桑名市138,963人、伊賀市100,623人の順となり、10万人を越えているのはこの6市です。町村では、菰野町が38,986人で最も多く、次いで東員町25,897人、明和町22,618人、小俣町18,986人、河芸町17,968人となっています。

<表7,表8>

人口密度

人口密度を市町村別にみると、鵜殿村が1平方km当たり1,680人と最も高く、次いで小俣町が1,642人、津市1,621人、御薗村1,507人、川越町1,498人となっています。10の市町村で1平方km当たり1,000人を超えています。

<表9>

人口の推移

平成12年からの5年間の人口増減をみると、18の市町村で増加、28の市町村で減少しています。

人口増減数の多い市町村をみると、増加数が最も多のは鈴鹿市で6,963人、次いで松阪市4,469人、桑名市4,107人、亀山市2,647人、津市1,936人となっています。減少数は志摩市が3,403人と最も多く、次いで伊勢市2,368人、鳥羽市1,878人、尾鷲市1,580人、南伊勢町1,548人となっています。

<表10,表11>

増減を割合でみると、増加率が最も高いのは川越町で10.7%、次いで、朝日町5.9%、亀山市5.7%、小俣町4.8%、玉城町4.2%となっています。減少率は美杉村が10.7%で最も高く、次いで南伊勢町8.5%、鳥羽市7.5%、紀伊長島町7.0%、紀和町6.8%となっています。

<表12,表13>

人口性比

人口性比を市町村別にみると、多気町が102.5で最も高く、いなべ市101.9、亀山市100.2、鈴鹿市100.0と続き、この4市町のみが100以上となっています。次いで木曽岬町99.2となっています。

人口性比が最も低いのは紀和町の80.1、次いで宮川村83.7、海山町84.4、美杉村85.8、紀宝町86.3となっています。

<表14,表15>

前へ次へ


表7

表10、11

表12、13

表14、15

表16

前へ次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 人口統計班 〒514-0004 
津市栄町1丁目954(栄町庁舎2階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000014503