現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 国勢調査 >
  6. 平成17年国勢調査 >
  7.  年齢別人口
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  人口統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

年齢別人口

前へ次へ

年齢3区分別人口

平成17年10月1日現在の三重県の人口を年齢3区分別にみると、年少人口(15歳未満の人口)は266,741人で、県総人口に占める割合は14.3%、生産年齢人口(15歳~64歳の人口)は1,197,255人で、64.1%、老年人口(65歳以上の人口)は400,647人で、21.5%となっています。

平成12年と比較すると、年少人口が16,340人、生産年齢人口が25,339人減少しているのに対し、老年人口は49,688人増加し、少子高齢化が進行しています。第1回調査の大正9年からの推移をみると、老年人口は一貫して増加しており今回40万人を超えました。それに対し年少人口は昭和55年以降減少傾向が続いています。また、生産年齢人口も前回に続いて減少しました。

<表17,図5>

図5

地域別年齢3区分別人口割合

年齢3区分別人口割合を9地域別にみると、年少人口割合の最も高いのは、鈴鹿・亀山地域で15.5%、低いのが尾鷲地域で11.7%、生産年齢人口割合が最も高いのは鈴鹿・亀山地域で67.1%、低いのは尾鷲地域と熊野地域で56.4%、老年人口割合が最も高いのは尾鷲地域で31.9%、低いのは鈴鹿・亀山地域で17.3%となっています。

<表18,図6>

図6

市町村年齢3区分別人口割合

年齢3区分別人口割合を市町村別にみると、年少人口割合の最も高いのは、鵜殿村で17.1%、低いのは紀和町で7.2%、生産年齢人口割合が最も高いのは東員町で70.7%、低いのは紀和町で39.4%、老年人口割合が最も高いのは紀和町で53.4%と2人に1人以上の割合となり、低いのは東員町で16.1%となっています。

<表19~表24>

年齢各歳別人口ピラミッド

三重県の男女別年齢各歳別人口を人口ピラミッドにしてみると、中程に2つの膨らみを持ち下の方がすぼまった形になっています。また、三重県の人口ピラミッドには、18歳から20歳前半の部分に全国の人口ピラミッドにはない窪みが見られます。

<図7>(参考

図7

昭和25年の三重県の人口を年齢5歳階級別人口ピラミッドでみてみると、裾広がりのほぼ三角形に近い形でした。<参考図>

参考図

前へ次へ


参考図(全国)

表17

表18

表19から24

表25

前へ次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 人口統計班 〒514-0004 
津市栄町1丁目954(栄町庁舎2階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000014504