現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 学校保健統計調査 >
  6. 平成25年度調査結果 >
  7.  調査の結果(健康状態調査)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  消費・生活統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

調査の結果

 

 健康状態調査 

(1)裸眼視力(図3、統計表)

 学校種別の推移を見ると、裸眼視力1.0未満の者の割合は年齢が上がる幼稚園、小学校、中学校、高等学校の順に上昇すると同時に、裸眼視力0.3未満の者の割合も高くなっています。

   三重県と全国を比較すると、1.0未満の者の割合はすべての学校において、0.3未満の者の割合は小学校、中学校、高等学校において三重県が全国よりも低くなっています。

    #

 

(2)鼻・副鼻腔疾患(図4、統計表)

 鼻・副鼻腔疾患(蓄のう症、アレルギー性鼻炎等)の者の割合は、5歳、13歳をのぞいた年齢で10%を超えています。その割合が最も高いのは9歳で20.4%となっています。

   三重県と全国を比較すると、6歳、7歳、13歳をのぞき三重県が全国よりも高くなっています。

 ※三重県の16歳、17歳は、該当者なしとなっています。

      #

 

(3)むし歯(う歯)(図5-1、図5-2、統計表)

 むし歯(う歯)の者の割合(処置完了者を含む。)は、5歳から8歳までは年齢とともに上昇し、9歳から12歳までは低下しています。13歳以降は、15歳をのぞいて上昇しています。

 その割合が最も高いのは17歳で67.8%、次いで8歳で65.4%となっています。また、最も低いのは5歳で43.7%、次いで12歳で46.5%となっています。

 三重県と全国を比較すると、昨年同様すべての年齢で三重県が全国よりも高くなっています。

      #

 むし歯(う歯)の者の割合は、幼稚園43.7%、小学校58.9%、中学校51.2%、高等学校61.6%となっており、すべての学校で、近年減少傾向にあります。

                  #

 

(4)アトピー性皮膚炎(図6-1、図6-2、統計表)

 アトピー性皮膚炎の者の割合は、年齢が上がる幼稚園、小学校、中学校、高等学校の順に低下しています。

 その割合が最も高いのは5歳で4.5%、最も低いのは15歳で0.9%となっています。

 三重県と全国を比較すると、5歳をのぞくすべての年齢で三重県が全国よりも低くなっています。

       #

   #

 

(5)心電図異常:6歳、12歳及び15歳時のみ(統計表)

心電図異常の割合は、6歳で1.5%、12歳で2.3%、15歳で4.0%となっており、年齢が上がるにつれ、心電図異常の割合が上昇する傾向にあります。

(6)ぜん息 (図7-1、図7-2、統計表)

  ぜん息の者の割合は6歳から10歳までが3.0%を越えており、その割合が最も高いのは7歳で4.5%、最も低いのは15歳で0.8%となっています。

  三重県と全国を比較すると、7歳をのぞいて三重県が全国よりも低くなっています。

  学校種別の推移をみると、高等学校をのぞいて前年度より低くなっています。近年では、特に小学校で高い割合で推移しています。

    #

       #

 

 統計表

年齢別疾患被患率  (199KB)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 消費・生活統計班 〒514-0004 
津市栄町1丁目954(栄町庁舎2階)
電話番号:059-224-2051 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000014079