現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 食中毒 >
  5. 食中毒関係 >
  6.  最近の食中毒発生状況
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  食品衛生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

最近の食中毒発生状況

本情報は、三重県内の施設で発生した食中毒事件を、報道発表から1ヶ月程度掲載しています。
ただし、処分をした施設名・営業者名は、処分解除後に削除しています。

令和4年の食中毒発生状況

過去の発生状況は、こちらをクリックしてご覧ください。
  ○過去の状況まとめ

過去1ヶ月の発生状況(四日市市除く)

令和4年9月5日発表分


1 概要
 令和4年8月12日(金)16時頃、松阪市内の医療機関から松阪保健所へ、受診した患者1名から腸管出血
性大腸菌O157が検出されたとの届出がありました※1。また、県外の複数の自治体から、8月15日(月)に1名、19日(金)に2名、22日(月)に1名、三重県内の飲食店を利用した人の中に同様の患者が出ているとの通報がありました。(※1:腸管出血性大腸菌(O157)感染症の発生事例として8月12日に報道資料提供済みです。)
 松阪保健所が調査をしたところ、いずれの患者も多気郡多気町内の飲食店の同じメニューの食品を喫食していることが判明しました。
 松阪保健所は、患者間で共通の食事が他にないこと、患者全員から腸管出血性大腸菌O157が検出され、うち3名から採取された菌株を遺伝子解析したところ結果が一致したこと、また、患者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、当該飲食店が提供した食事が原因の食中毒と断定し、本日付けで営業禁止処分としました。
 なお、有症者は全員回復しています。

2 発病状況
1)喫食者 12名中  有症者数 5名(入院患者 3名※2 ※2:全員退院済み)
2)有症者の年齢構成  注:( )は入院で再掲

  ~9歳 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70歳~ 不明
      1(1)           1(1)
  1(1) 3(1)             4(2)
3)有症者  最低年齢(18歳、女)、最高年齢(32歳、男)
4)主な症状 下痢(水様便又は血便10~20回)、腹痛、発熱(37.7℃)
5)発病日時 令和4年7月31日(日)7時~8月2日(火)22時

3 原因施設
  所在地 多気郡
  業 種 飲食店営業

4 原因食事
1)令和4年7月27日(水)、28日(木)及び30日(土)昼食又は夕食
2)原因食品 トリュフご飯にハンバーグと卵加工品を乗せたもの

5 原因物質
 腸管出血性大腸菌O157
(参考) 
※令和4年9月5日(月)現在の三重県における食中毒発生状況(本件を含む)
  本年 昨年同期 昨年1年間
件数 有症者数 死者数 件数 有症者数 死者数 件数 有症者数 死者数
三重県 46 75 226
内訳 三重県 46 104
四日市市 74 122

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 食品衛生班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2343 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041708