現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4. 三重の観光 >
  5.  映画「法定相続人(仮)」の製作関係の皆さんが知事を訪問します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 観光誘客推進課  >
  4.  観光誘客推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和03年11月18日

映画「法定相続人(仮)」の製作関係の皆さんが知事を訪問します

 伊勢志摩を中心とする三重県内を舞台とした劇場用映画「法定相続人~人生でいちばん影響を受けた本、それは銀行の預金通帳である(仮)~」の製作が本格的にスタートするにあたって、その製作状況を報告するため、製作関係の皆さんが知事を訪問します。

1 日時 令和3年11月19日(金)15時30分から15時45分まで

2 場所 三重県庁 3階 プレゼンテーションルーム

3 訪問者
 映画「法定相続人(仮)」
  脚本家:小松 江里子(こまつ えりこ)様
  プロデューサー:
   宝門 誠  (ほうもん まこと) 様(波切ライフスタイル変革プロジェクト 事務局長)
   石川 順子 (いしかわ じゅんこ)様(伊勢商工会議所女性部 元会長)
   大塚 万紗子(おおつか まさこ) 様(「法定相続人(仮)」発起人)
   岩城 裕子 (いわき  ひろこ) 様(オール三重ムービーサポーターズ 代表)
   東  友章 (あずま  ともあき)様(伊勢志摩活性化プロジェクト株式会社 代表取締役)


4 応対者 三重県知事 一見 勝之
      観光局長  小見山 幸弘

5 内容 
 ①訪問者あいさつ
 ②映画の紹介
 ③現状の製作状況と今後の予定
 ④知事あいさつ
 ⑤写真撮影

6 映画「法定相続人(仮)」について
 伊勢志摩を中心に三重県を舞台として、真珠養殖業を営む一家を中心に繰り広げられる、伝説の真珠を巡る一家の大騒動を通して、「人の幸せの在り方」、成年後見の問題を描く社会派ハートフルコメディーです。
 当映画によって、真珠養殖誕生の地を国内外に発信し、自分たちの手で地元を盛り上げ、新たな観光の起爆剤にしたいという思いから、伊勢志摩の有志がプロデューサーを担っています。
 監督は、国内外の映画賞を多数受賞する「田中光敏」さん、脚本はNHKの朝の連続ドラマや大河ドラマの脚本を担当し、映画では日本アカデミー優秀脚本賞の受賞をはじめ、さまざまな実績を持つ脚本家「小松江里子」さんです。

田中光敏監督プロフィール

脚本家 小松江里子さんプロフィール

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光誘客推進課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁1階)
電話番号:059-224-2802 
ファクス番号:059-224-2801 
メールアドレス:kankoyu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000256744