現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5. エイズ対策 >
  6.  6月1日から7日は「三重県HIV検査普及週間」です。
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 感染症対策課  >
  4.  感染症対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

6月1日から7日は「三重県HIV検査普及週間」です。

 6月1日から7日までの1週間を、「三重県HIV検査普及週間」と定め、広く県民に対してエイズに対する正しい知識の普及・啓発、HIV検査・相談体制に係る情報提供を行います。
 期間中、県内各保健所での通常検査のほか、四日市市保健所では臨時夜間HIV検査を実施します。
 HIVに感染しているかどうかは検査を受けなくては分かりません。少しでも不安のある方は、この機会に臨時HIV検査を受けましょう。
   

臨時検査日程

1.臨時夜間検査

 日時:令和4年6月1日(水) 17時30分から19時00分まで
 場所:四日市市保健所(四日市市諏訪町2-2)
 問合先:059-352-0595

※予約は不要です。
※検査結果は検査の1週間後以降の検査日時に再度来所していただく必要があります。

   

参考

1.HIV検査・相談

 三重県の保健所では、年間を通じて無料・匿名のHIV検査・相談を行っています。
 併せて、B型・C型肝炎ウイルス検査及び梅毒の検査・相談も行っています。
 検査日時やお問い合わせ先は、こちらでご確認ください。 ⇒ 「検査・相談について
 

2.エイズの現状(三重県)

 令和3年に三重県内で報告された新規HIV感染者・エイズ患者は6名で、その内、既にエイズを発症されていた方(エイズ患者)は3名でした。
 エイズは、正しい知識を持ち、それに基づいた行動によって予防可能な疾患です。また、近年の医学の進歩によって、感染を早く知り適切な医療を受けることができれば、感染前とほぼ変わらない生活を送ることができます。
 HIVに感染しているかどうかは検査を受けなければ分からず、エイズはHIVに感染後、数年~10年程度自覚症状がない期間を経て発症するという特徴があります。エイズを発症し治療が困難な状況にならないためにも、HIV検査を受けて早期に感染の有無を知ることが重要です。

※三重県の患者・感染者状況については、三重県感染症情報センターホームページに掲載しています。詳しくはこちら(⇒三重県感染症情報センター)からご確認ください。
 

3.「HIV検査普及週間」について

 国や都道府県等が利便性の高い場所や時間帯に配慮した検査を実施するなど、利用の機会を拡大するとともに、広く国民に対して、検査・相談体制に係る情報提供を含む普及啓発を行い、HIV検査の浸透・普及を図る機会として実施しています。
 厚生労働省及び公益財団法人エイズ予防財団によって平成18年度に創設され、毎年6月1日から7日を「HIV検査普及週間」として全国で実施されています。
 

 関連リンク集

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 感染症対策課 感染症対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2712 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:kansenta@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000202527